宗教と知識人 ―モルモン教の事例から―1)

高橋 弘

モルモン教と知識人 3)

1.歴史部門とレナード・アリントン

 

2. ブリガム・ヤング大学・対・知識人

 

A.学生スパイ団事件5)

 

B.マクマリンによる批判 6)

 

C.ブリガム・ヤング大学と学問の自由7)

 

3.フェミニズム・対・保守勢力

 

4.モルモン教団と諜報活動

A.秘密委員会と「秘密ファイル」

 

B.「コーリレイション・コミティ」

 

C.諜報員

II.  問題の本質と知識人の役割

1.教団指導者の主張

 

2.モルモン教会を分析する30)

 

A.偽りのリアリティの構築

 

B.過去の克服の失敗

 

C.閉じた宗教教団

 

D.規範のない宗教

 

III.  知識人の役割とディレンマ

1.知識人とその役割

 

2.知識人のディレンマとその動向

資料・文献

〈新聞〉

 

〈専門誌〉

 

〈その他の論文,研究書,等〉

 


1)

  この論文は, 国際キリスト教大学, キリスト教と文化研究所主催の講演会 (1996年6月14日)での話を大幅に書き換えたものである。当日,古屋安雄氏から,アメリカの宗教学者はモルモン教をどう見ているか質問があったので簡単に紹介しておきたい。宗教学をベースにモルモン教をキリスト教として見るのはメソジストの宗教学者ジャン・シップ教授である。彼女の主張によれば 「キリスト教」 の概念は宗派によって異なること,また伝統と権力によっても左右されると言い,多神教や多妻婚をキリスト教の判断基準にはできないとする("Deity Doctrine Keeps LDS Out of Christian Council," SALT LAKE TRIBUNE, May 13, 1995)。イエール大学のオールストローム教授は,モルモン教の成立過程と初期の指導者の教え・宗教活動からモルモン教を新宗教と見る(A RELIGIOUS HISTORY OF THE AMERICAN PEOPLE, 1972)。 シカゴ大学のマーティン ・ マーティー教授は初期の論文("Two Integrities: An Address to Crisis in Mormon Historiography" JOURNAL OF MORMON HISTORY 10(1983))では歴史にまったくふれず,モルモン教を純粋に宗教的次元で捉えようしているが,彼の立場は曖昧である。最近の著作では(註4)新しい研究書に基づき,当時のアメリカ社会から最も貶まれたマージナルな宗教集団がアメリカ社会への同化に成功した例としてモルモン教を挙げており,その記述の仕方は客観的であるが, 直接的評価は避けている。ただし米国の歴史家,宗教学者のモルモン教の見方・評価については,方法と根拠もふくめ改めて議論する必要がある。

2)

 Thomas F. O'Dea, THE MORMONS, pp. 222ff

3)

  Davis Bitton,"Ten Years of Camelot: A Personal Memoir." DIALOGUE, Autumn 1983, pp. 9-19; L. Arrington,"The Founding of the LDS Church Historical Dept., 1972," JOURNAL OF MORMON HISTORY, Fall 1992, pp. 41-56; Lavina Fielding Anderson,"The LDS Intellectual Community and Church Leadership." DIALOGUE, Spring 1993; Marshall. THE NEW MORMON HISTORY. pp. 13-44; Lindsey. A GATHERING OF SAINTS. pp. 51-55, 63- 64; SALT LAKE TRIBUNE (以下 S.L.T と略記). 15 Jan, 1972/ 26 April, 1975 / 3 July, 1980; DESERET NEWS. 24 Nov, 1972 / 24 July, 1980 

4)

  Martin E. Marty, MODERN AMERICAN RELIGION vol. 1: 1893-1919; pp. 301-305

5) 

Bergera & Priddis, BYU: A HOUSE OF FAITH, pp. 207-217; THE DAILY UTAH CHRONICLE (ユタ大学学生新聞) 6 March, 1967; S.L.T. 14 March, 1967; OGDEN STANDARD EXAMINER, 14 March, 1967; DESERET NEWS, 13 April, 1967

6) 

スターリング・マクマリンはユタ大学哲学教授(民主党リベラル)で,ケネディー政権の教育顧問を務めた。 彼が教団幹部になれなかったのは民主党員だったためであろう。 Lindsey, A GATHERING OF SAINTS, pp. 103 -105; SEVENTH EAST PRESS (BYU の学生新聞) 11 Jan, 1983; Lavina Fielding Anderson,"The LDS Intellectual Community . . . ," DIALOGUE, Spring 1993

7) 

Lavina Fielding Anderson 註 6)参照。 Dawn Tracy,"Despite Some Limitations, Y. Teachers Report They Have Academic Freedom," S.L.T. 2 April, 1986; Eugene England,"Re゜ections on Academic Freedom at BYU," STUDENT REVIEW. 12 April, 1988

8)

"Statement," DESERET NEWS. 31 Aug. 1991; "Statement," SUNSTONE 15 (Sept. 1991) pp. 58-59; この声明にたいしロウエル・ベニオン(シンポジウム参加者)は 「われわれは心と精神とをつくして主を愛するよう求められているが,test of thinking に耐えられないとは哀れな宗教だ」と教団を批判 Peggy Fletcher Stack,"LDS Church Decries Sunstone Sessions, Calls Content Insensitive, Offensive," S.L.T. 24 Aug. 1991

9) 

Vern Anderson,"BYU Sociologists Say They Fear Intimidation From LDS Leaders,"S.L.T. 22 Feb. 1992; "Sunstone Symposium Not an Academic Forum,"DAILY UNIVERSE. 26 Feb. 1992;"Professors Respond to Sunstone: Symposium Is an Academic Forumモ (Kimball / England letter);"Editorial Divides BYU Community"(Knowlton letter) DAILY UNIVERSE. 4 Mar. 1992

10)

Peggy Fletcher Stack,"BYU President Issues Paper on 'Freedom': Document Defines Limits of Academic Discussions," S.L.T. 1 May 1992; Peg McEntee,"BYU Tries to Juggle Faith, Free Thinking," S.L.T. 6 June 1992

11)

Boyd K. Packer,"To Be Learned Is Good, If,"ENSIGN 22(Nov. 1992)

12)

Vern Anderson,"Phi Beta Kappa Rejects BYU Chapter Again," S.L.T. 20 May 1992

13)

Wallace Turner, THE MORMON ESTABLISHMENT, pp. 218ff

14)

Lavina Fielding Anderson 註 13)参照 pp. 7ff

15)

Linda Sillitoe,"Off the Record: Telling the Rest of the Truth," SUNSTONE 14(Dec. 1990) 12-26; Linda Sillitoe and Paul Swenson,"The Excommunication of Sonia Johnson: A Moral Issue," UTAH HOLIDAY, Jan. 1980; Linda Sillitoe,"Church Politics and Sonia Johnson: The Central Conundrum," SUNSTONE 5(Jan.-Feb. 1980)

16)

Dawn Tracy,"LDS Of゛cials Ban Authors from Lectures on History," S.L.T. 29 June 1985; John Dart,"Mormon Forbid Females Biographers of Smith's Wife to Address Church," LOS ANGELES TIMES, 29 June 1985

17)

Lavina Fielding Anderson 註 16)参照 pp. 45-46

18)

Lavina Fielding Anderson,"Dialogue Toward Forgiveness: A Documentary History of the Intellectual Community and Church Leadership," 6 Aug. 1992, 同上 pp. 49-50

19)

Vern Anderson,"LDS Acknowledges Church Monitors Critics," S.L.T. 8 Aug. 1992; Peggy Fletcher Stack and Michael Phillips,"Critics: For BYU's Good, Church Must Loosen Grip," S.L.T. 10 Aug. 1992

20)

"First Presidency Issues Statement on Scriptural Mandate as Reason for Church Committee," 13 Aug. 1992, news release; Lavina Fielding Anderson 註 19)参照 pp. 46-47 

21)

Peggy Fletcher Stack,"LDS Leaders Say Scripture Supports Secret Files on Members,"S.L.T. 14 Aug. 1992

22)

"LDS Church Telling Editors to Use Only 'Faith Promotiong' Stories?" S.L.T. 23 May 1983

23)

"Editor Upset over Efforts to Silence Scholars," OGDEN STANDARD-EXAMINER, 26 May 1983

24)

Lavina Fielding Anderson 同上 p. 22

25)

Jerald and Sandra Tanner, UNMASKING A MORMON SPY: THE STORY OF STAN FIELDS, Utah Light-house Ministry(Salt Lake City) 1980

26)

DAILY UNIVERSE, 17 Jan. 1973; S.L.T. 13 March 1975, 12 Nov. 1993; DESERET NEWS, 25 June 1974; THE NATION, November 29, 1993, p. 659

27)

Ezra Taft Benson, "Fourteen Fundamentals in Following the Prophets," Speech delivered at BYU Devotional Assembly, Feb. 26, 1980. Press Copy

28)

DOCTRINES OF SALVATION vol. 1, p. 243

29)

BRIGHAM YOUNG UNIVERSITY STUDIES, Summer 1981, pp. 263-264, 266-267

30)

この分析については, いろいろな方々のアイディアを借用している。権力構造の分析については主としてカレル・ヴァン・ウォルフレン氏 『人間を幸福にしない日本というシステム』,閉じた社会における歴史の扱われ方については家永三郎氏から教えられるところが多かった。宗教における規範の問題については並木浩一氏の「モルモン教には批判原理がない」というコメントに刺激され,そこから発展させたものである。

31)

知識人についての議論はいろいろあるが,ここではカレル・ヴァン・ウォルフレン氏と,エドワード・サイード氏の『知識人とは何か』を参考にした。 また「オリエンタリズムを越えて・マサヨシ・ミヨシ在米知識人との対話」 (NHK 1996年11月16日)でのサイード氏の発言が参考になった。

32)

Hugh Nibley, NO MA'AM THAT'S NOT HISTORY, Bookcraft, 1946. Turner 同上 pp. 13-4

33)

ダーハム氏については Patricia Lyn Scott, James E. Crooks, and Sharon G. Pugsley, "'A Kinship of Interest': The Mormon History Association's Membership," JOURNAL OF MORMON HISTORY 18 (1991): 156n9, ギレアディ氏については "Excommunication Scholar Rebaptized," SUNSTONE 102 (June 1996): 7

34)

クイン氏については "On Being a Mormon Historian" および高橋弘 『素顔のモルモン教』 221 頁以下参照,マクマリン氏については SEVENTH EAST PRESS (11 Jan, 1983)のインタヴュー参照

35)

フォーン・ブロディー氏の破門については興味深い事実がある。彼女の父は 19年間ステーキ部長を務め,ユタ州上院議員でありウエーバー・カレッジの評議員長を務めた人物である。彼女の祖父はブリガム・ヤング・大学の学長(1904-1921)であり, 彼女の叔父は後の大管長(当時は十二使徒の一人)デイヴィッド・マッケイ氏である。もしも彼らが何らかの手を打てばブロディーは破門されずに済んだのではないかと思われるが,教団内部の力関係が破門に大きく関係していたと想像される。ソニア・ジョンソンについては註15参照,スティーヴ・ベンソン夫妻については Mary Ann and Steve Benson,"Mormons No More," ARIZONA REPUBLIC. May 22, 1994