高橋 弘 著 「素顔のモルモン教」


U モルモン教の歴史 − 歴史学にもとづくモルモン教の歴史 - 4 ミズーリー時代

モルモン教徒による破壊と略奪


 「・・しかしこの点で大管長会〔スミス、リグダンのこと、筆者注〕は、以前の信仰からも、あるいは教会の教えからも逸脱したのである。というのはモルモン教会はつねにつぎのように信じてきたからである。すなわち裁きや疫病、病や飢饉、大いなる困難や悩みが、遅かれ早かれすべての悪人の上にもたらされ、やがて悪人はこの地上から断たれる。しかしこのことは神ご自身がなさるのである・・
 しかし、今や神ではなく、神の御手の中にある教会がこれをなすのだ、と私は聞かされた。・・〔秘密〕結社のあるメンバーたちはいかに住民の間に毒や疫病、あるいは病気を広めようかと考え、それが神からの裁きであるかのように住民に信じさせようと企むほど常軌を逸しているからである。しかし私は是非とも次のことを記しておきたい。それは、このことが僅か五、六名のリーダーに知られているにすぎず、教会にも他のメンバーにも知らされてはいないという事実である。・・
 ある者らはこう語っている。もし大管長が神の御旨であるといえば、誰であれ殺害するであろう。なぜなら教会を腐敗や崩壊から防ぐには、時にはこうしたことが必要だからである、と・・」(27)

 議会上院の聴聞会でのジョン・コリルの証言は、すでに紹介したように、徹底した放火や略奪があったことを伺わせる内容である。一方、ジョセフ・スミスは「・・群衆は、力ではかなわないと見るや、家から家財道具を取り出し、自分たちの家に火をつけて燃やし、役人にモルモン教徒がやったと報告したのである」、と述べている。しかしこの記述には信憑性がない。モルモン教徒の歴史家リーランド・ジェントリーによれば、モルモン教徒の手による徹底した放火や略奪があったことは事実であるが、多くのモルモンの歴史家たちは、これらの事実を認めたがらないと述べている(28)。ジェントリーの研究によれば、ダナイト団のなかに一二人の破壊工作員がつくられ、彼らはもっぱら放火と破壊にあけくれたという。またモルモン戦争の後半には、ダナイト団は、地域住民から財産や家畜の略奪、破壊、放火などに専念するようになる。モルモン教徒が降伏した後で、ウィルソン将軍はつぎのような手紙を認めている。   

 「・・積まれた盗品の山を見たらなら、あなたが驚嘆すること間違いなしです。これらの物品はすべてモルモン教徒によって略奪されたもので、みつかった盗品をいま彼らがここに返品したものなのですが、その中には開拓農家が使用しているあらゆる物があります。しかし発見されていない盗品はまだまだあるのです。実際に私が見た盗  品の山はほんの一部で、この村とその近隣で発見された物にすぎないのです」(29)

 戦争終結の一週間前、使徒のオーソン・ハイドとトーマス・マーシュは教会を脱出し、一〇月二四日、レイ郡の治安判事ヘンリー・ジェイコブズの前でモルモン教会を訴える宣誓供述をしている。このトーマス・マーシュの供述の一部を紹介する。 

「・・大管長スミスの計画は、この〔ミズーリー〕州を手に入れることである。また彼は、いずれは合衆国を、そしてついには全世界を手に入れるのだと信徒たちに語っている。これがモルモン教会が信じていることであり、預言者スミスの計画であり意図であると考える・・私は預言者スミスが、さらに敵どもを踏みにじり、その死体の上を歩くのだ、と叫ぶのを聞いた・・スミスはまたつぎのように語っていた。私〔スミス〕はこの時代の・・マホメットになろう。そしてロッキー山脈から大西洋まで血の海にしよう。マホメットが、平和をもたらすために人々を脅迫し『コーランか、さもなくば剣か』と迫ったように、われわれは『ジョセフ・スミスか、さもなくば剣か』と迫るのである。これらの言葉は、武装した三、四〇〇人の男を前に、スミスがこの夏に宣言したことである・・」(30)    

 一〇月末、戦争はモルモン教徒の敗北で幕切れとなり、スミスや他のリーダーたちはミズーリー州軍によって逮捕されとき、ジョン・コリルの証言では、「スミスはひどく怯えていた。そして私〔コリル〕に、ただただ和平を懇願するよう頼んだ。そして、奴らに殺されるくらいなら自殺したほうがましだ、とスミスは言っていた」という。こうしてジョセフ・スミスは「反逆、殺人、放火、押し込み強盗、窃盗および偽証の罪」に問われ、裁判にかけられるため拘留されたのである。

(27)John Corrill, A Brief History of the Church of the Latter-day Saints(commonly called Mormons), (St. Louis; For the Author, 1839: Salt Lake City: Modern Microfilm, n.d.) pp. 31 - 32
(28)Leland H. Gentry,^A History of the Latter-Day Saints in Northern Missouri from 1836 to 1839" (Ph.D. diss., Brigham Young University, 1965) p.383
(29)Affidavit of General Robert Wilson, Senate Document 189, p. 78
(30)Affidavit of Thomas B. Marsh, Senate Document 189, p. 58


前に戻る   次に進む

「素顔のモルモン教」へ戻る

HOME 「ようこそ」ページへ