教会当局による思想統制


一つの教義体系を持つ宗教組織として、教義の統一を図っていくことは必要なことである。モルモン教会以外の宗教でもしばしば見られることでもある。したがって、教会が会員に対して思想統制を行うこと自体、程度の問題はあるが、頭から批判すべきものでもないだろう。ここではモルモン教会の思想統制の実例を挙げていく。それをどう判断するかは、読者のみなさん自身で考えていただきたい。

関連ページ:
「素顔のモルモン教−閉じられた宗教」
「素顔のモルモン教−今日の反動的政策とモルモンの知識人」

記録閲覧の禁止 教会歴史研究家に対する迫害 レナード・アーリントン博士の
挫折
ルーシー・スミスの著書 「反モルモン」出版物の焚書 「反モルモン」出版物の焚書(Part2)
教会内部での批判

wpe2.jpg (1592 バイト)