一般人から見たモルモン教



基本的には善良な人達だと思います。「基本的には」と前置きをしなければならないのは悲しいことですが、私はモルモン教徒と本来の意味での心の交流が出来ませんでした。教会員の多くは私が改宗することのみに興味があり、優しく接して頂いたのですが下心を強く感じていました。


価値観を押し付けられた子供達

モルモン教会には子供がたくさんいます。最近は改宗者も少なく、教会員数の増大は教会員の子供によってのみ賄われていると言っても過言ではないでしょう。その家族を大切にしている子供達は本当に幸せなのでしょうか。例えが悪いかもしれませんが「有名なカルト教団」にいる子供達は幸せだとお思いになりますか?私は幸せだとは思えません。親がモルモン教徒だったからという理由のみで世間から批判され、歴史的にも認められていない宗教に所属しなければならないのです。もちろん強制はしないでしょうが幼い頃から「モルモン教会のみが真実だ」と教え込まれていれば正常な判断も出来ないでしょうし、もし優しい子供ならば家族の和が崩れることを恐れ嫌々でも教会に通うことになるでしょう。


米国万歳

本家がアメリカにあるだけあってアメリカナイズされた雰囲気が漂っています。私も握手を求められたときには戸惑いました。お辞儀と言う習慣は無く、握手のみです。教会で使われている専門用語も英語が多く、素人には意味のわからない言葉も多かったです。彼らの信じる神と約束された地が米国なので、今のうちから雰囲気に慣れているのかもしれません。


サークル活動のような雰囲気

私は他のカルト宗教と呼ばれるものに関わったことが無いので比較出来ませんが、一般的にカルト宗教はフレンドリーな雰囲気があるようです。モルモン教会も「キリスト教系弱カルト」と呼ばれているだけあって、フレンドリーでありました。神について考えたりする場所が教会のような気がするのですが、私が通わせて頂いた教会は違いました。一応日曜学校もありますが、その神について勉強する為の日曜学校が嫌いな教会員も数多くいました。何かとつまらない用事を作って参加しなくとも良いように努力する本末転倒な人達だと感じています。日曜学校と言っても他の一般的な宗教と違い「専門教育の受けていない素人」が教えているわけですからつまらないのは事実です。教えている内容も簡単なもので、異端と呼ばれていないキリスト教、仏教とは比較にならないほど単純明快でした。

では、何故教会に集っているのか?ですが、日曜学校の後に教会員が集まってお話をしたり、食事をするのが目的だと考えられます。教会員の方の反論として考えられるのが「聖餐を取る為だ」ですが、私にはあのパンと水には何の意味も感じませんでした。私の感じたパンと水の印象として「パンをちぎっている人は手を洗ったのかな?手でちぎった跡があって汚らしいな。もし改宗しても食べたくないな。水を入れている入れ物もきちんと洗っているのかな?」でした。
聖霊の導きがあればそんなことも感じなかったとは思うのですし、多少でも神聖なものを感じ取ることが出来ていれば汚さを感じなくとも済んだことでしょう。

私と接してきた教会員は友人と遊びに教会に集っていました。休みの日に遊んでくれる友達がいないのでしょうか?それとも教会員以外の友人が少ないのか?閉鎖的な人間関係しか形成できないというのもカルト宗教の特徴と何かの本で読んだことがあります。神について考える場所ではなかったです。


証という名の自慰行為

自慰行為といっても実際にそれをしているわけではありません。精神的なものです。失礼な物言いだとは承知しておりますが、私の感想なので正直に書かせて頂きます。

証と呼ばれるお話があります。内容的には「私はこんなに信仰があります。」というものがほとんどです。私には聞くに耐えないお話が多いようでした。例えば「私は交通事故にあいました。しかし、普段の信仰のおかげで怪我はしましたが命に別状はありませんでした。この教会が神によって回復された真実の教会である証拠です。」という矛盾を含んだお話を時には涙を流しながら証するのです。

矛盾と書かせて頂いた根拠をいくつか挙げたいと思います。第一に、神に守られていると言うのならば、交通事故に遭うことが間違いなのでは?という点です。また命に別状がなかったにしろ怪我をしたことについて何を思っているのか?です。第二に、この話のどこがモルモン教会が真実である証拠なのか?です。一概には言えませんが交通事故には双方の過失が存在するものです。ということはこの方にも何らかの不注意があったのです。それについては何の反省もせず、良いことがあったから信仰のおかげ、教会が真実な証拠では、この方は再び同じような交通事故を繰り返し、信仰の為に取り返しのつかない交通事故をするのでしょう。


この時間の間に居眠りをする教会員の方も多く見ました。


ホームに戻ります