ゆなさんの近況


近況

みなさん、心配してくださってありがとう。
モルモン教会に戻ると宣言?してから、数日がたちましたが、特になにをしているというわけではありません。ただ教会を離れてからは、祈ることさえも忘れてしまっていたので、まず祈ることからはじめてみました。・・・・が、まだみたまを感じることはできません。
モルモンの教えの中にはいいこともいっぱいあると思うのです。「家族を大切にしなさい」とか「人々に奉仕するように」とか、いろいろ。そういうことを、ひとつひとつ真心からできるように、心の底からしたいと思ってできるようにやってみたいと思います。うわべだけじゃなくって。

私にとってはいまさら「モルモンが真実かどうか」なんていう議論は無駄です。以前は義務としてはたしてきたいろいろなことを、今度は自分自身でじっくり考えながら実行していきたい。それだけなんです。こういうモルモンの方がもっと増えたら、あまり問題はないんでしょうね(笑)。

一番心配なのは、什分の一でしょうか。心配しなくても私には収められるような収入は全くないのです。派遣という身分である夫の収入では、家族3人暮らしていくのがやっとです。什分の一のために母乳と布おむつでがんばっていた頃がなつかしいです(^^;。

右近さんへ
教会の書籍はほとんどまだうちにあります。モルモン書も4冊ありますよ。でも読んでないです。4大聖典以外は、いつか処分すると思います。

Name : ゆな Mail : yuna@po.teleway.ne.jp Time : (99年3月10日<水>04時27分)


皆さん、おはよう御座います。
●ゆなさんへ
不活発な自分が言うのも何ですけど、ゆったりと落ち着いて生活して下さい。
教会内には色々な人がいると思うのですが、人の言うことにあまり左右されず、
自分のペースで生活するのがベターだと思うのですよ。
私も仮に戻ることになった場合は、指導者に何と言われようと、自分のペースで
やっていくつもりです。たとえ不良のレッテルを貼られるとしても。
(ねっ、薮内さん!! 笑)

(この部分、省略)

Name : 遥かなる山々の声 Time : (99年3月10日<水>09時53分)


ゆなさんへ

ゆなさんへ
 初にお目にかかります。
「家族を大切にしなさい」とか「人々に奉仕するように」とか、いろいろ。そういうことを、ひとつひとつ真心からできるように・・とのことだけれど、それ自体はすごくいいことだと思います。
しかし、「心の底から・・」という意味を、もう一度深く考えてみませんか?
 律法的に、そうした愛を実践しようとすると、旧約時代に戻ってしまうと思うんです。

 キリストが十字架にかかってくださったのは、私たちが所詮は自己中心的で、罪をおかさずにはいられない、どうしようもない人間だからですよね。ですから私たちはキリストを信じることで、自分の罪を主によって贖ってもらってるんです。律法で贖われる時代はそのとき終わったんですよ。
「家族のため」「人のため」というのは、神が注いで下さった愛を感じたときに、その感謝の気持ちとして表すもんなんです。だから喜びをともなって、自然にあふれ出るようなもののはずなんです。律法じゃないんですよ。律法はそうしないと救われないという取引が裏にあるけれども、「愛」はそんな打算的なもんじゃないんです。キリストが安息日に病人を癒したのがそうですよね。
 聖書をもう一度読まれて、主が十字架にかかってくださった意味を、考えてみられてはと思うのですが・・。
 
 モルモン教は律法がたくさんあって、非常にわかりやすいけれども、キリスト教の深い意味がわかってないと思うんです。

Name : 薮内 Mail : tyabuchi@anet.ne.jp Time : (99年3月10日<水>14時30分)


薮内さんありがとう

薮内さん、はじめまして(^^)。

ごめんなさい。私の書き方が悪かったですね。そうなんです。まさに薮内さんのおっしゃるとおりで、人のために何かをするとかじゃなくって、自然にしてあげたいって気持ちがわいてくるんですよね。
私はもともと自分のできることがだれかの役にたつのなら・・・・とどんなことでも一生懸命やってきました。心からそうしてあげたいっていう思いでやっていたんです。決して見返りとか、そういうのを期待してとかじゃなく。そしてその結果、その人の喜ぶ顔をみると、ますますうれしくなっていました。どんなに苦労したことでも、その苦労がすべて消えてしまう一瞬でした。ほんとにほんとにうれしかった。ずーっとそういう気持ちで人に接してきました。
でも、私のような人はだまされやすく、信頼していた人に裏切られたこともたくさんありました。でも、私は何度だまされてもこりず、どの人を見ても「いい人」だと思ってしまう傾向にあるのです。そのことを教会の人に指摘され、「そんなんじゃ、今の世の中生きていけない」と言われたことがありました。「もっと人を疑うように」とその人は言いました。なんだか矛盾している用に思ってしまうんですが(^^;。

モルモン書よりも今は、新約聖書を中心に読みたいと思っています。イエスキリストのこと、これからもいろいろ教えてください>ALL

Name : ゆな Mail : yuna@po.teleway.ne.jp Time : (99年3月11日<木>03時25分)


つけたし

モルモン教会に行き始めた頃、イエスキリストのことはあんまり勉強しないので
とても物足りなかったのを思い出しました。

私はモロナイとかジョセフとか、そんな人たちのことよりもイエスのことを知り
たいんだよー!!と心の中で叫んでいたものです。でも言えなかった(^^;。

Name : ゆな Mail : yuna@po.teleway.ne.jp Time : (99年3月11日<木>03時28分)


神の愛

ゆなさんwrote
>決して見返りとか、そういうのを期待してとかじゃなく。
>そしてその結果、その人の喜ぶ顔をみると、ますますうれ
>しくなっていました。

 違うんだな〜ゆなさん。それがモルモン流の考えなんですよ。
 キリスト教はこうなんです。聖書にあるように、キリストが十字架にかかったとき、「私は渇く」と言われた、あの意味、わかります? 余の人間の罪の苦しみを御身で負われた苦しみなんです。それを思えば私たちはこうして、キリストによって罪なしとされた感謝に満たされて、他人に奉仕せずにはいられなくなるはずなんです。そう思えば、人の感謝や評価はどうでもよくなるはずなんです。なぜなら人に喜ばれるためにやるんじゃなくて、神に感謝の印としてやるんだから。
 

 私は塾を経営しているんだけれど、母子家庭の子が通塾してるんです。お金を安くしてあげたり、本を買ってあげたりしているけれど、無論、感謝されるとは限らないですよ、やっぱり。所詮子供だし、途中で塾をやめていったり、お母さんからも「ありがとう」を言われるとは限らないし。
 でも、神様への感謝としてやるんなら、そんなこと、どうでもいいんじゃないかな。それ以上の遥かに大きな御恵みを神からいただいてるんだから。
 
「もっと人を疑うように」なんて、幹部はいうたんですか?
マザーテレサの言葉を引用しましょう。
「傷つくまで愛しましょう。私は冷淡に善行をするよりは、慈しみのうちに間違うほうを選びたいと思います」

Name : 薮内 Mail : tyabuchi@anet.ne.jp Time : (99年3月11日<木>04時50分)


つけたし

つまり、キリスト教徒は神に仕えるのであって、人に仕えるのではないということなんです。

Name : 薮内 Mail : xmormonx@anet.ne.jp Time : (99年3月11日<木>05時07分)


ゆなさんへ 聖書を読むこと


ゆなさん曰く
>モルモン書よりも今は、新約聖書を中心に読みたいと思ってい
>ます。イエスキリストのこと、これからもいろいろ教えてくだ
>さい>ALL

正解です!福音書はマルコから読んでマタイからヨハネ。ルカは最後でいいでしょうね。でも、マルコに戻ってもう一度読むのが良いと思います。で、普通の本読むみたいに読み飛ばすのが聖書の正しい読み方です。モルモンみたいに自分の都合の良い個所を鵜の目鷹の目でほじくりながら読むのは邪道です。朱引きもしないほうが良いです。聖書は格言集(すなわち『道具』)ではありません。
ローマ書などはこうして読み飛ばした方が信仰に寄る救いがはっきりわかるでしょうね。
そこで、お願いですが、聖書を読んでやはりキリスト教のほうが聖書を正しく理解していると分かったならためらわずキリスト教会の門を叩いていただきたいのです。
今はこのボードにもたくさんのクリスチャンの方がいらっしゃっています。かれらが助けてくれると思います。

では・・・
わたしで分かる事でしたらここでも「ぜみモル」ででもどうぞ!

http://www3.osk.3web.ne.jp/~hidekio/

Name : るう(ぜみなーるモルモン世話人) Mail : hidekio@osk3.3web.ne.jp Time : (99年3月11日<木>23時11分)


「過去ログ集 Part 5」に戻る

homebutn.gif (1052 バイト)