狂乱のバプテスマ


るうさん と 森さん に質問

(この部分、省略)


もうひとつ、『80年代の狂乱のバプテスマ時代』の話しの件なのですが、当時の日本の教会幹部に伝道のやり方について抗議した会員が破門去れたと言うのも本当でしょうか?信じられません・・・・・・・・・。

こんな教会のためにあれほど奉仕していた自分が情けないです・・・・・・・・・・。叩けば叩くほどボロが出てきますね・・・モルモン教会というところは!!

Name : 滅びの子    重畠 雅弘 Mail : sigehata@air.linkclub.or.jp Time : (99年3月10日<水>22時20分)


ずいぶん昔ですよ!

(この部分、省略)

それと、わたしのごく親しかった方が狂乱のバプテスマを批判して破門になってますね。表向きは別の理由ですが。
もちろん彼の名誉は回復されたません。狂乱の当事者(責任者)はのうのうとモルモン教から飯を食わせてもらってるのに・・・
ひどい話です!

http://www3.osk.3web.ne.jp/~hidekio/

Name : るう(ぜみなーるモルモン世話人) Mail : hidekio@osk3.3web.ne.jp Time : (99年3月10日<水>23時45分)


るうさん『狂乱のバプテスマ』についてもっと教えて下さい。

>それと、わたしのごく親しかった方が狂乱のバプテスマを批判し>て破門になってますね。表向きは別の理由ですが。
>もちろん彼の名誉は回復されたません。狂乱の当事者(責任者)>はのうのうとモルモン教から飯を食わせてもらってるのに・・・
>ひどい話です!

モルモン教から飯を食わせてもらっているのに・・・・・とは、ひょっとして・・・・その方はいま70人に召されている人のことでしょうか?

遅れましたが、るうさんいつもありがとうございます!おかげでいろいろ知識が増えました。^_^;

Name : 滅びの子    重畠 雅弘 Mail : sigehata@air.linkclub.or.jp Time : (99年3月13日<土>07時01分)


狂乱のバプテスマ時代


しげさんどうも!(なんて略しちゃっていいでしょうか?)

わたしは大阪だったのであまり「K氏路線」は過激ではなかったですね。むしろ批判的な雰囲気が漂ってました。ただ、地区代表あたりにはかなりの締め付けがあったようで、「これからは戒めを守っていなくても『守りたい・守ってみよう』といった方々でもバプテスマを受けて会員になってきます。受け入れしっかり育ててください」って説教をさせられてましたね。
この期間伝道した連中はかなり「疲れて」帰って来てましたね。「ついていけん」って所があったようです。
破門になったE氏は証会で、
会員を増加させるために暴走族まがいの若い衆をもの珍しさで改宗させた。
宣教師とあってその日にバプテスマを施した。
とかを話しておられましたね。もちろん途中で監督に中断させられましたが・・・
かれはそうしたやり方が許せなくて自費で各地を回って調べていたようです。誤解や極端な意見もありましたが、結構わたしはかれを尊敬していました。
ブリガム・ヤングとかが海外に伝道して何百人のバプテスマって派手な活躍があったそうで、K氏はそうした一代躍進を夢見たんでしょうか。
この時代の話題は関東の方々にもいろいろ聞きたいと思います。

http://www3.osk.3web.ne.jp/~hidekio/

Name : るう(ぜみなーるモルモン世話人)リンク募集中 Mail : hidekio@osk3.3web.ne.jp Time : (99年3月14日<日>04時14分)


これがモルモンの実体だ!!

破門になったE氏は証会で、
会員を増加させるために暴走族まがいの若い衆をもの珍しさで改宗させた。
宣教師とあってその日にバプテスマを施した。
とかを話しておられましたね。もちろん途中で監督に中断させられましたが・・・
(るうさん の文章より)


この話はよくモルモンのことを表していると思います。私自身、教会に対して疑問を持ち出した時からこのような経験はありました。彼等は口では自由意志を尊重しているかのごとく言いますが、それは全くのデタラメです。彼のように強制的に話を止められたり、強制的に破門されたりと様々です。

活発に集っている時はニコニコしているのですが、指導者や教義に関して否定的になると攻撃が始まります。そして最終的には強制的に(一方的に)破門されるわけです。まだ、破門と言う道があるのでいいですが、これが一つの国家になってしまうと北朝鮮のように無理矢理に牢屋に入れられるのです!!(本当にジョセフ・スミスがアメリカの大統領にならず良かったと思いますよ。)

私も、最後はこうでした『あなた教会を辞めるとキリストを十字架に架けたユダと同じ運命をたどることになりますよ!!(強制的に)』

あ〜あ〜 なんでこんな教会にはいったんでしょうね?

Name : 滅びの子    重畠 雅弘 Mail : sigehata@air.linkclub.or.jp Time : (99年3月15日<月>21時58分)


狂乱のバプテスマの尻ぬぐい!!

森さんを始めみなさん本当にありがとうございます。多くの疑問が解け、新たな知識がだいぶ増えました。
例えば、私が宣教師だった頃、当時関西ではパイロットプロジェクトなるものがあり、全会員の所在を明らかにする為2〜3カ月間、全ての時間を使って記録上の全てのお休み会員を訪問した時たくさんの方が『英会話には行っていたんですが教会には入っていない』と言われ不思議に思っていたのですがその謎が解けました。感謝です。
私は、狂乱のバプテスマの尻ぬぐいをさせられたんです!!
教会幹部のK氏が平の宣教師ではなく、当時の尻ぬぐいをするべきです!!

>具体的な例をあげるならば、たとえば80年代の
>狂乱バプテスマに対しても、教会は謝罪も反省
>もしていませんし、指導した当人は今でもあれ
>は正しかったと主張しています。

本当ですかそれは!はっは〜ん、・・・・・・なるほど私が宣教師になって神戸に赴任したときに、(1991年〜)新しく来た宣教師に渡された書類の中にその問題の幹部のK氏の預言が記されていました『毎月300〜500人の改宗者が神戸伝道部で出る』ってねそれを私の先輩は「もっと現実味のある話をしてもらいたい、どうやってQ−do者に教えるんですか?そんな人数、教えられるわけがない」ってね。当時新米だった私には、この人信仰がないなと思ってたのですがだんだん解ってきました。

そりゃ、出会ったその日にバプテスマすりゃ数えきれないぐらいバプテスマもでますよ!!
かれは、90年代に入っても夢見ていたんでしょうね!^_^;

どうやって彼は、また70人になったんでしょうか?疑問ですわたしには・・・・・・・・・・・・・・・・。私の過去の教会に対する見方が間違っているようならば御指摘お願いします。

Name : 「滅びの子」だとステーク会長に断言された  重畠 雅弘 です。 Mail : sigehata@air.linkclub.or.jp Time : (99年3月17日<水>23時22分)


パイロット崩壊

滅びっ子 しげさんへ

神戸伝道部で伝道されたんですね?!
わたしは住まいが箕面です。なんかますます身近に観じてしまいます。

さて、パイロットですがものの見事に失敗・崩壊しましたね。教会は
それを隠そうとした節もあります。パイロットが終わったということを
聞かされていなかったユニットの神権指導者もいました。
まあなんでも勝手におやんなさいって事ですが、ひとに重荷をのせかえ
てるだけですね。最近、関東ではやはりユニットを細切れにしてるそうで・・・学習しないんですね。


http://www3.osk.3web.ne.jp/~hidekio/

Name : るう(ぜみなーるモルモン世話人)リンク募集中 Mail : hidekio@osk3.3web.ne.jp Time : (99年3月18日<木>07時00分)


狂乱のバプテスマについて

はじめまして。私もあの時代、81年の改宗です。今も毎週教会に集っています。確かに強引なバプテスマだったですね。私は宣教師に会ってから1ヶ月位でバプテスマを受けましたが同期の人たちにはやっくんのように会って2回目で、とか会ったその日に受けたという人もいます(彼ら、今も&#16;活発です)。
あの伝道が正しいのか間違ってるのかって、あんまり考えたことなかった。ただ『あの伝道方法でなければきっと教会に入らなかったんだろうなあ、、私みたいにかたくなな人間は。だからあの伝道方法もありかな』という思いはあり、要するに感謝しているのです、今となっては。(当時は「イヤならすぐやめればいい」、という気軽な気持ちがありました)。
面白い人材一杯集まったでしょ、やっくんにしても(^-^;)そうだし、同期の連中はみんな面白い(教会っぽくない)連中で自分としてはとても楽しかったし、はげまされた。だから自分流の解釈ではね、(自分流でスミマセン、論議の対象にはなりませんね)『あの時代のバプテスマ、あれは あらゆる人に福音にふれる機会をあたえる試みであったのであろう』と。じっくり神様やキリストについて学び、クリスチャンとして生きる覚悟を決めてから受けるバプテスマ、それがやはり一番の理想ですが、そうすると若い改宗者は殆ど望めない。あの時代の日本の教会は若い多様な人材を必要としていたんじゃないでしょうか。だから神様があの伝道方法で伝道させたのでは。。。と、想像をめぐらしています。
ただ私は教会の内部のこと(左遷だとかなんだとか)は一切しらない普通の会員ですので、あの時代の残した「負の側面」を知りません。だからこんなふうにお気楽に考えていられるのかも知れません。

Name : 青野麻理 Mail : cecile@tk.usen.ne.jp Time : (99年3月24日<水>09時43分)


狂乱パブテスマの資料は…

お気楽会員さん>>

80年代のバプテスマに関しては、あたしのサイトや、
聖徒の未知のサイトにあたしの経験が述べられています。
あとモルモンフォーラムの中にも教会員側の当時の伝道方法に対して批判的な立場の方の記事がのっています。
モルモンフォーラムに関しては
…ごめん、いまちょっとあたしのメインパソコンが修理に出ているので、そっちの方にurlがあったのでわかりません(^-^;)
検索かけてみて下さい。あるいはLDS情報掲示板に質問されてもいいかもしれません。

http://www.kis-net.ne.jp/user/yakkun

Name : やっくん Mail : yakkun@kis-net.ne.jp Time : (99年3月24日<水>12時52分)


教会が正しいからあの伝道は正しいという発想は洗脳ですよ

青野さん初めまして?

「面白い人材一杯集まったでしょ、やっくんにしても(^-^;)そうだし」って書いていらっしゃいますが、あたしの教会員時代を御存じなんですか?

ところで、非常に申し上げ難いのですが、青野さんのような考え方は、あたしが活発時代に持っていたものと同じで、今のあたしは、その発想自体が洗脳されたものだと感じています。

理由その1.
青野さんの見解…あの当時の伝道は理想ではないが必要だったのでは?
というのは、あくまで、当時の伝道により改宗した後、教会は正しいと思うようになったから出た発想です。
結果がよければやり方はどうでもいい。という考えです。

しかし、教義と聖約には、結果がよければやり方はどうでもいいというのは間違えであると述べられています。教会ではよくあることですが、聖典との矛盾を説明してないわけですね。

理由その2.
そもそも人には善悪の判断出来る力がある。と今度はモルモン書に述べられています。
しかし、当時の伝道方法は、善悪判断もなく、ほとんど強引の力業で押し進められています。あたしのケースは特にひどいものだったというのではなく、もっと凄いことをやったという話もたくさんあります。
たとえばプールにて子供たちにコインひろいゲームだといって水の中にコインを落として子供たちが水に飛び込んだ時バプテスマの言葉を唱えてバプテスマしてしまったという噂さえまことしやかに聞きますが、それに近いような事があったらしいです。
善悪判断出来るというのは自由意志の教義にも連なっている教会の重要な要素なはずです。
その自由意志を無視したやり方です。
これを「神様のやり方」だと受け入れてしまうようだと、下手すると「サリンをまけ」と大管長に命令されても、自分で善悪判断することなくまいてしまうようになってしまいます。
ちなみに活発教会員時代のあたしがそうでした。
つまり、本来「自分の力で救いを勝ち取る。」という教義が、「言われた通りにやっていれば救われる。」というルシファーが天上の大会議で唱えたと同じ事になっているわけです。
http://www.kis-net.ne.jp/user/yakkun

Name : やっくん Mail : yakkun@kis-net.ne.jp Time : (99年3月24日<水>12時57分)


教会が正しいからあの伝道は正しいという発想は洗脳ですよ。その2

理由その3.
神様のやり方は全会一致であると教会では教えています。これにも反しています。
当時の会員たちの証言をいろいろ聞くと、まさに粛正に近い状況で、たくさんの批判が出たり、ようするに全会一致でなかったということです。反対したかどで破門になった人もいるようです。
以前、やはりあたしが青野さんと同じ解釈であった時、イリアンタムのMLの中で、「結局あれは神様の御心ではなかったのか?」というような事を書いた時、猛烈な反対見解を食らいました。その人自身の経験を読んだり他の人々の話を聞くと、やはり、これを単純に神様のやり方であったとするのは、軽率すぎるというか、神様への冒涜になる恐れがあると感じました。近い事がモルモンフォーラム誌に特集として組まれています。

最後に
これはここのオーナーの森さんがよくいうことですが、
本来は、これが正しいから教会は正しいというのが、改宗した時に伝えられた事であった。
ところが、教会員は、教会は正しいのだから、これも正しいという発想になっている。
青野さんの言い分はまさにこれにあてはまります。教会は正しいからあの伝道も正しかったというものです。
教会が正しいということは別において、自分の頭でよく考えれば、あの伝道は正しくなかったとどうしても結論せざるをえないとあたしはなりました。その意味するところは、とても受け入れ難い事でしたが、つまり教会もまた正しくないということです。あたしはそれを勇気をもって受け入れました。
青野さんもその事実と意味するところを勇気をもって受け入れられることをお勧めします。
まず、自分でよく考えて、一つ一つを切り離して善悪の判断をして下さい。おかしいものはおかしい。おかしいものをおかしくないとするのは、洗脳なのです。
http://www.kis-net.ne.jp/user/yakkun

Name : やっくん Mail : yakkun@kis-net.ne.jp Time : (99年3月24日<水>12時57分)


構造的問題、再び

やっくんwrote:
>結果がよければやり方はどうでもいい。という考えです。

別の言葉を使うと、目的のためには手段を選ばないという発想です。
「唯一真」信仰がこのような発想を生み出してしまいます。
これも「構造的問題」です。


http://www2s.biglobe.ne.jp/~exmormon/

Name : 「聖徒の未知」オーナー HANK@森 Mail : mori-hdk@shonan.ne.jp Time : (99年3月24日<水>16時29分)


ありがとうございます

やっくんさん、青野さん。

回答ありがとうございます。感謝しています。

特にやっくんさんのHPを見て驚きました。今はまだよくなっているのでしょうが80年代にはそんな感じでバプテスマを受けていた人が沢山いたんですね。バプテスマを質ではなく数で考えるとこういう結果になるっていう悪い見本だと思います。

Name : お気楽会員 Time : (99年3月25日<木>00時20分)


狂乱のバプテスマについて。その2

「狂乱のバプテスマについて」に丁寧なレスをありがとうございました。

やっくんwrote
>青野さん初めまして?

以前、一度イリでお話しさせていただいたことがあります。

やっくんwrote
>たとえばプールにて子供たちにコインひろいゲームだといって水の中にコインを落として子供たちが水に飛び込んだ時バプテスマの言葉を唱えてバプテスマしてしまったという噂さえまことしやかに聞きますが、それに近いような事があったらしいです。

まことしやかな噂とか「...あったらしいです」というようなものでなく確実な話をしてほしいです。
かなり強引だったことは私も何人かからきいてますので、認識しています。しかし、私も話をきいた何人かの人もたとえレッスンが数時間であれバプテスマを受けることは一応承諾してからバプテスマを受けています。むりやり力ずくで水に沈められたわけではありません。しかし、人の一生を決める重大なことを都合数時間で決断を迫られたのですから確かに性急すぎたとは思います。

>これを「神様のやり方」だと受け入れてしまうようだと、下手すると「サリンをまけ」と大管長に命令されても、自分で善悪判断することなくまいてしまうようになってしまいます。

サリンを持ち出す例えが突拍子もない気がします。
私自身は大切なことはいいなりにならずにある種の覚悟をもって自分で判断してきました。市民結婚を選びましたし、伝道も出ていませんし、改宗当時はロック音楽聴くべからずの風潮でしたが「そりゃ悪いロックもあるけどいいロックもあるんだよ!」とガンガン聴いていましたし。逆にいいなりになって苦い目にあったこともあります(これは自分にとって良い教訓になりました)。
教会員も常に発展途上にあるわけで、失敗なくして成長はありえないと思います。幸い当時を知る多くの方があの伝道に批判的なようですからあの経験を教訓にだんだん善くしていけばいいと思うのです。今のところは50歩100歩かもしれませんが。。時間はかかると思いますが。

Name : 青野麻理 Mail : cecile@tk.usen.ne.jp Time : (99年3月25日<木>12時06分)


狂乱のバプテスマについて。その3

続きです。
文字数オーバーでパニクリました。ちゃんとペーストできてよかった。ほっ。

やっくんwrote
>当時の会員たちの証言をいろいろ聞くと、まさに粛正に近い状況で、たくさんの批判が出たり、ようするに全会一致でなかったということです。反対したかどで破門になった人もいるようです。

そうですか。どんなやりとりの末に破門になったかはわかりませんが。。今後の教訓にして過ちを繰り返さないでほしいものです。

>以前、やはりあたしが青野さんと同じ解釈であった時、イリアンタムのMLの中で、「結局あれは神様の御心ではなかったのか?」というような事を書いた時、猛烈な反対見解を食らいました。
その人自身の経験を読んだり他の人々の話を聞くと、やはり、これを単純に神様のやり方であったとするのは、軽率すぎるというか、神様への冒涜になる恐れがあると感じました。

そうですか。今まで一生懸命良い方に解釈しようとしていました。「洗脳」ではなくて自分を納得させたかったのだと思います。

>青野さんもその事実と意味するところを勇気をもって受け入れられることをお勧めします。

御忠告ありがとうございます。
心の隅にとめておきます。

>まず、自分でよく考えて、一つ一つを切り離して善悪の判断をして下さい。おかしいものはおかしい。おかしいものをおかしくないとするのは、洗脳なのです。

自分でいろいろ考えてた。ある日、ある本を読んでいてふと目をあげた時、心と頭の中に教会に対する不信感が充満した。
『教会なんて全部うそっぱちじゃないの!?すべて絵空事なんじゃないの!?神様もひょっとしていないんじゃないの?』動悸が激しくなり怖くなり泣きたい気持ち。急いでベランダに出て祈った『神様、もしいらっしゃるのなら教えて下さい。沸き上がったこの気持ち、どうしたらいいですか?すべてうそっぱちですか?』祈り始めてすぐでした。私の身体中を暖かいものが包み込み、『私はいますよ。あなたをよく知っていますよ。安心して信仰を持ち続けなさい。』という思いがぐいぐい心の中に入ってきました。これは5年前のこと。教会に入って13年目にして初めて得た御霊による証です。今はそのときの余韻で教会に集っているようなものです。

Name : 青野麻理 Mail : cecile@tk.usen.ne.jp Time : (99年3月25日<木>12時08分)


青野さんにチャレンジ!

書き込みありがとうございます。楽しく読ませてもらっています。
さて、是非試してみて下さい。

1 毎日30分素顔のモルモン教を読む。

2 読んだことが真実かどうか、また、末日聖徒イエス・キリスト
  教会が唯一真の教会ではないということを毎日祈る。

私は、これらの経験を受けて神様に祈った時、末日聖徒イエス・キリスト教会が唯一真の教会ではない証を得ることが出来ました。
過去に私が感じた気持ちは、自分の思い込みであったことを・・・・・・・・。
心にとても熱い気持ち、暖かい気持ちを受けました。
教会を辞めて1年目にしてはじめて感じた御霊の証(教会が真実ではないと言う)でした。

ステーク会長のようには、決して脅迫はいたしません。(^_^);良かったら試して下さいな。
活発会員の方の勇気ある書き込みに感謝いたします。

Name : 「滅びの子」だとステーク会長に脅迫された男  重畠 雅弘  Mail : sigehata@air.linkclub.or.jp Time : (99年3月25日<木>13時32分)


火のないところに煙りは、大概の場合はたたないですよ

青野さんへ>>

なんだ、まりりんか(^-^;)!

おひさしぶり!

> まことしやかな噂とか「...あったらしいです」というようなものでなく確実な話を
> してほしいです。

火のないところに煙りはたたないというものです。
何故噂だとあたしがいったかというと、それをつたえたかたは「そういった事実がある」と確証したのですが、あたし自身がそれを「信じられない(^-^;)」と思っているからです。
ただ、問題なのは、同じ話を、伝道中の岡山と、まったく違う東京で聞いたって事ですね(^-^;)
同じ話を2系統で聞いたのか、違う話なのかまで確定されていません。
しかし、ここで理解してもらいたいのは、こういう話しが出てしまう程、ひどい伝道方法ではあったということです。
これも確証はありませんが、当時の長老達は、英会話にきた女性がすぐにバプテスマ施せるように女性用下着を持ち歩いていたと聞いています。これはそれをしった女性会員が当時の驚きをあたしに伝えたので、かなり信憑性が高い話だと思いますが、どう思いますか?

> レッスンが数時間であれバプテスマを受けることは一
> 応承諾してからバプテスマを受けています。むりやり力ずくで水に沈められたわけでは
> ありません。

あたしの経験からもわかると思いますが、とりあえず、承諾という理解をすれば、あたしが「はい」といったのも承諾だといえるでしょう。ここが問題です。あたしは「はい」とはいいましたが、まさかその直後に施されるとは思ってもいませんでした。つまり社交事例のつもりで「はい」と述べただけです。
その点については自分でも愚かだったと反省していますし、
入った当初から「あそこで『はい』っていっちゃったんだから仕方がないや…。」みたいな諦めを持っていました。
ですが、よくよく考えれば、人生のとても重大な事をそんな簡単に「はい」といったからといって、それを「承諾」といってよいのでしょうか?なんかそれでは、悪徳不動産屋が欠陥ビルや土地を強引に決めてしまうやり方にあまりによく似ていませんか?
これは「承諾」ではなくただの「仮契約」なわけです。その「仮契約」を「本契約」だと勝手に解釈するのはむちゃくちゃだと感じます。

> サリンを持ち出す例えが突拍子もない気がします。

そうですが、現実にそういう事した宗教団体があり、かつてあたしはこの件について聞き取りをした事があるので、つい例にあげました。
http://www.kis-net.ne.jp/user/yakkun

Name : やっくん Mail : yakkun@kis-net.ne.jp Time : (99年3月25日<木>15時03分)


海でバプテスマを受けさせられた男

この話しは、唯一真の真実の話です。

あるところに高校2年生の男の子がいたとさ。夏休み塾の帰りに、外人宣教師に声を掛けられ話しがはずみ、半ば強引に英会話に来るように約束させられた。
英会話の日になって教会に行くと、2人の外人が待っていて、個室に案内された。英会話の個別レッスンが始まるのかと思いきや、いきなり宗教の話しに突入して、2〜3時間は続いただろうか、英会話なんかなんにもしなくて、ずっと教会のレッスンだった。なにがなんだかさっぱり分からなかったけど、話を聞いていて罪の許しは必要なのかな?とは思った。外人が、罪ノユルシヲ受ケルタメニ、バプテスマヲ受ケマセンカ?、と聞いてきたけど、罪は許されたいけど水に濡れるのはいやだと答えた。すると外人は、大丈夫デス、コンド一緒ニ海ニ泳ギニ行ッタ時ニ、バプテスマヲ、シマショウ、と言った。海水浴のついでならいいやと思い、バプテスマを受けることにした。

その日、波消しブロックの裏で白い服に着替えた。
外人と2人で海の中に入った。1人は海に入らずに見ていた。
ワレハ イエスキリストヨリ ケンノウヲウケタレバ テンプト オンコト セイレイトノミナニヨリテ ナンジニ バプテスマヲ ホドコス アーメン

ざぼーーーーん
バプテスマを受けた後、外人が、アナタノ罪はユルサレマシタ、オメデトウゴザイマスと言って祝福してくれた。
次の日の夜、教会で按手礼を受けた。

そのあと10年ちかく教会に通ったけど、いろんな人の証言で、僕と同じように海でバプテスマを受けさせられた人は何人かいたのを知っている。とにかくモルモン教は変なところだなあと思った。自分のバプテスマの後もたくさん新しい人が入ってきたけど、すぐにいなくなって2度と来ることはなかった。出入りの激しい時期だった。僕と同世代の若者たちの中でも、姦淫の罪を犯しているのがいたけど、知らんプりしながら教会で責任をやっている姿を見ると、噴出したくなるものだ。かれは、教会の女の子をゲットしたいために来ているようなものだった。僕も似たり寄ったりだったけど。とにかくモルモン教は変なところだった。

Name : ウミンチュウー Time : (99年3月25日<木>16時57分)


海岸での伝道活動

これは他の人から聞いた話で、本当かどうか知らないけれど、この頃の宣教師は海でも伝道していたようだ。海パン姿で砂浜をうろつき、良いターゲットが見つかると声を掛けて、近くのマクドナルドとかにさそって、そこでレッスンして、OK出たら海でバプテスマなの。
だから宣教師のバックの中には、いつも白い服や下着がたくさん入っていたんだなあと納得してたわけ。

Name : ウミンチュウー Time : (99年3月25日<木>17時25分)


やっぱり海水浴バプはあったのか!

色々な話しから考えて、ウミンチューさんの話しには信憑性を強く感じます。

恐らく、それが「噂」のもとの一つなんぢゃないでしょうか?
(他にもあるにちがいない)

すごいですねここは、どんどんモルモン教の真実が明らかになる!
http://www.kis-net.ne.jp/user/yakkun

Name : やっくん Mail : yakkun@kis-net.ne.jp Time : (99年3月25日<木>17時28分)


海行かば・・・

ということで 君が代の次は「海行かば」ですか

海でバプテスマを受けたと言う人の経験談は聞いたことがありますね。
ただしそれはキチンと本人も納得した。バプテスマフォントがないた
めの緊急処置としてでした。
わたしが聞くところでは海のバプテスマは禁止になっていました。プ
ライバシーの問題とかあってでしょうね。それが、狂乱の時代に復活
しておったのですね。存じませんでした。

それと・・・宣教師は水泳が禁じれていたはずですが・・・(わたし
の標準は古いですが)そんなこともあって海のパプテスマは禁じられ
ていたと想像するのですが・・・
もちろん、海パン姿で求道者をゲットなんてルール違反ですよね。
しかし、あの時代ならやりかねませんね。

http://www3.osk.3web.ne.jp/~hidekio/

Name : るう(ぜみなーるモルモン世話人)リンク募集中 Mail : hidekio@osk3.3web.ne.jp Time : (99年3月25日<木>21時06分)


「過去ログ集 Part 5」に戻る

homebutn.gif (1052 バイト)