モルモン教会と十字架


十字架

わたしが所属するみこころの部屋ってところで聖徒の未知が紹介されてました。一般的なカトリックの人間にとってもここは面白いらしいです。

今、みこころの部屋では‘エホバの証人’問題が活発に議論されてます。カトリックの愛がどれ程深いものか、見せてあげようじゃないの、って言ってる人もいました。

エホバの証人といえば、‘キリストは、十字架にかかって死んだのではない、一本の杭にかかって死んだのだ。’と主張していることで有名ですが、モルモン教会にも十字架はありませんよね。

尖った「やり」みたいのがシンボルですよね。

杭にかかって死んだ、とは教えてないでしょうが何で十字架が無いんですか?

確か「十字架は偶像崇拝だから」みたいな説明を聞いた気がしますがその割には手を広げたイエス・キリストの真っ白い‘像’があったりしますよね。なんだか良くわかりません。

贖いの教えも、曲がりなりにも無いわけじゃないですよね?

昔、モルモン教会に十字架のネックレスをしていったら宣教師に変な顔をされた記憶があります。

もしかしたらこんなことはモルモン教徒にとっては常識なのかもしれないですね。そうだったらごめんなさい。

Name : まりあ てれさ Mail : koa@tke.att.ne.jp Time : (99年3月10日<水>16時58分)


偶像はいけないのか?

と、ふと思った るうです。
てれささん
確かにモルモンは十字架を偶像だから「戒めに反する」と言い、また「だから既存のキリスト教は間違っている」となります。しかし、わたしに言わせればモルモンの律法主義こそ偶像崇拝と同じというか「偶像崇拝の精神」ではないかと思いますね。また、例えば、改宗者は数ではないと言いつつ帰還宣教師には必ず「あなたは何人を改宗しましたか?」って皆にたずねられ「どこの教会は献金がいくら集まっている」とかが教会の評価になるなど、まさに「マモン」に仕える教団なのです。

>その割には手を広げたイエス・キリストの真っ白い‘像’があったりしますよね。
>なんだか良くわかりません。
そうでしょ。なんかどう見てもアングロサクソンの容貌のイエス様の姿が刻まれたり貼られたりしてますね。ぜみなーるモルモンでちょっと話題になっているのが、モルモンがこうしてイエス様を白人として描いてることです。また、モルモンの教えは「偉丈夫イエスであり戦えば勇士たる王」であるので体躯隆々としたイメージで描かれます。「偶像はいかん」なんていいつつこうした一方的な解釈を人に刷り込もうとしているのです。とんでもないことです。

しかし、わたしは古都に近い地に住み、また、歴史が好きな者ですから、仏像とかの偶像には大変思い入れがあります。広隆寺の弥勒菩薩像・平等院の阿弥陀如来像・法隆寺の調子麻呂の私仏・奈良国立博物館の阿修羅像など、これらの偶像はたんなる技術を超えて信仰者が丹念にその信仰を込めた芸術であり、信仰の成果だと思うのです。こうした偶像であればわたしは別にそれにひざまづくことも悪いとは思えないのですよね。
わたしにすればこうしたものは八木重吉の詩のようなものです。
広隆寺の弥勒を家族で拝観して、30分以上もそのまえにたたずんでいて、家族の激怒を招きましたわ!

http://www3.osk.3web.ne.jp/~hidekio/

Name : るう(ぜみなーるモルモン世話人) Mail : hidekio@osk3.3web.ne.jp Time : (99年3月10日<水>23時13分)


モルモンが十字架を置かない理由

は、ですね、あたしも当初偶像崇拝は駄目だからって聞いていたのですが、
モルモン教徒としての後半の理解は、モルモンは復活したイエスを信じている
からだというものですね。
十字架は死の象徴だが、イエスは死を復活し、今いきているのだから
十字架をイエスの象徴とするのはおかしい。
という考え方だと思います。
んだから、白いイエスの像は復活したイエスで、手の傷口を見せている
ポーズをしているわけですね。
妙な所で理屈っぽくて人をたぶらかすのが末日聖徒の特徴ですね。
http://www.kis-net.ne.jp/user/yakkun

Name : やっくん Mail : yakkun@kis-net.ne.jp Time : (99年3月12日<金>08時21分)


やっくん曰く

>モルモン教徒としての後半の理解は、モルモンは復活したイエスを信じている
>からだというものですね。
>十字架は死の象徴だが、イエスは死を復活し、今いきているのだから
十字架をイエスの象徴とするのはおかしい。
>という考え方だと思います。

それこそ、十字架に罪の贖いと復活は将に表裏一体(北斗と南斗?)であるわけです。十字架がその死だけを示しているというのであればそれこそ聖書をまともに読んだ事がない方の「とんでも意見」です。
思いっきり譲って十字架が偶像だとして(偶像ではないが・・)もそれが罪の贖いと復活を示しているとすれば十分に価値のあるものであると思います。
信仰を持つと本当に心から十字架を仰ぎたくなるものです。
また、ある時は関根正雄の言うように「十字架の元に倒れこみたくなる」ものなのです。
わたしが常々モルモンはキリストのいらない宗教だというのはそこです。

http://www3.osk.3web.ne.jp/~hidekio/

Name : るう(ぜみなーるモルモン世話人)リンク募集中 Mail : hidekio@osk3.3web.ne.jp Time : (99年3月12日<金>21時32分)


「過去ログ集 Part 5」に戻る

homebutn.gif (1052 バイト)