モルモンとカトリック


カトリックについて

薮内さん。こんにちは。

ちょっとお聞きしたいです。

>1、現役モルモン教徒の著書で、大管長の決定や方針を批評した著作物(HPも可)をあげる。無論、彼の決定をお
> おいに批判しているものでなければならない。
> 2、モルモンが私が教会を離れている間に、教会が唯一真実であり、他の教会はサタンの支配下であるという閉
> 鎖・独善的な考えを放棄しているなら、それを証明する。
>
>  無論、カトリックではこれは当たり前にやっていことなんですけれど

という書き込みですが、カトリックでは上記の1と2は行っても全く問題は
ないということなのですか?

たとえば、カトリックの教会に集っていてそこの神父様を公然と批判すると言うことが
認められるものなのですか?

Name : ゆす Mail : yusu@mb4.so-net.ne.jp Time : (99年3月17日<水>23時07分)


訂正

以下の質問について2については、カトリックとは
関係ありませんでした。すみません。
1に関しての質問です。

Name : ゆす Mail : yusu@mb4.so-net.ne.jp Time : (99年3月17日<水>23時18分)


ゆすさんへ

 できるから言っているのです。私が、前に百瀬氏(上智大学神学部教授)の著書をアナホリに書いたはずですが。
 誤解されると困るのでいいますが、カトリックに不満があってそういうことをする人はとっくに教会をやめています(当然ですわな〜) 
 私のいう批判とは、教会を愛するからこそ、神を愛するからこそ問題を感じる人が「ああだ」「こうだ」といえる言論の自由が認められるということです。
 ホームページなら、個人のカトリックの方が、教会のたとえばピル使用禁止などについてまったく個人的な意見を述べられております。あくまでも、教会を愛するからこそであることをお断りして無断で紹介させいただきますが、まさみち氏のHP
http://www.netpassport.or.jp/~watohj/christ.htm
 を、とくとごらんください。

 私の行っている教会の前任の神父様は、当時、ローマ法王がガリレイの名誉回復を述べたことについて、私たちの前で平然と批判してました。「今ごろ、何をしとんや」っいった調子で。
 ローマ法王はノーマ司教区の司教が伝統的にカトリックの代表になるだけのことであって(彼のいうことは経験と知識に裏打ちされたものである以上、尊重するのは当然ですが)、大管長のような預言者でも何でもありません。
 カトリックの聖人とされている人の多くは、貧しい人であったり、一介の信徒に過ぎなかったりします。私の尊重するアッシジの聖フランチェスコは、元は呉服屋の息子でした。神は謙遜な者を高く用いなさるのです。そういうことから、常にローマ法王が神に一番近い人とは思っていません。
 無論、言論の自由のあるカトリックの場にあっての意見ですので、世界のカトリック信者代表としてこの意見を述べているわけではありません。信徒の中には、プロテスタント流にマリアに祈らない人がいるぐらいです。神父はそれについて批判する立場はとっておりません。これは私もちゃんと神父様に聞いています。
 ほかにも言いましょうか? 一般信者を交えた教会の信徒総会では、司祭の婚姻の可能性について話題になっていまた。一信徒がそれについて意見を述べているのを見て、とても感動した覚えがあります。モルモンで聞いていた話と全く、全く違う姿にね。 

Name : 薮内 Time : (99年3月18日<木>04時00分)


追加

 つまり、信仰は神と個人の直接関係なのです。教会を、司祭を通じてのみ神と対話できるような信仰はカトリックはとっていません。もちろんプロテスタントも。
 ゆすさんは、現役モルモンですか?
 名古屋のモルモンにいたとき、指導者が「カトリックやプロテスタントは、神父らが祈ってしまうので、信徒は祈り方を知らない」というようなことを平然といってました。他の教会との組織的交流がないとここまで知識不足に陥るのですね。
 
 さてゆすさんがモルモン側についている方なら、ゆすさんでもいいです。モルモンがカトリック並に民主化されていることをどんクジラさんの言うことが正しいことを今から証明していただきましょう。

Name : 薮内 Time : (99年3月18日<木>04時12分)


カトリックのはなし

初めまして、以前ここで私のHPを紹介された者です。


 ゆすさんの薮内さんへの質問の補足をしたいと思います。

 神父の意見を公然と批判することは、それほど珍しいことではありません。確かし、神父の
意見を鵜呑みにする人が大勢いるのは事実です。しかし、議論・批判はよく行われる事です。

 現代は複雑な社会状況にあります。教会は地域や、集まる人によっても立場や意見が異なる
のは自然の事です。神父同士でも議論・批判は多く行われます。議論・批判を禁じてしまうと
どれほど悪い結果を生むかは、カトリック教会自らの歴史が証明し、また我々はそこから学ぶ
のです。

 主な世界的な議論の1つとしては、薮内さんも触れられていた「避妊」の問題です。カトリッ
クの教えでは、避妊は神の摂理に反します。しかし、世界の貧困層では人口の調整が必要です。
その為にも、教会は避妊を認めるべきと言う意見もあります。
 また、現在のように一部の人達が、世界中の多くの富を独占している状況で、避妊だけすすめ
て人口抑制をしても意味が無いという反論もあります。
 また、エイズなどの性病の感染を防ぐためにコンドームの普及を求める声もあります。

 教会の中には様々な意見があります。そして、教会は「時代を旅する教会」であり、その時代
に与えられた課題に答える義務があります。その答えを作り出す私たちに自己意見の発言の自由
が与えられることは、当然の事です。


 事のついでに薮内さんに書き込みに意見します。
「プロテスタント流にマリアに祈らない人がいる」と書かれていますが、カトリックでも決して
マリアに祈ることはありません。祈りの対象はあくまでも「神」のみです。カトリックではよく
友達などに自分のことも祈ってくれるように頼みます。それと同じ様に、マリアにも自分の事を
「神」に祈ってくれるよう「頼む」のです。
 また、「信仰は神と個人の直接関係」と言うのも、少し違うような気がします。その事も含ま
れますが、現代の教会が見落としていることは「信仰とは1人だけのものでなく、同じ信仰を
持った人々の共同体としての信仰」と言う点です。例えれば十字架の「横木」を強める事です。

 薮内さんは、どう思われますか?


それでは、今後も時々訪れますので、よろしく!

PS.
すいません、2度も操作ミスで下に変な書き込みをしました。
管理者の方、すいませんが削除願います。
http://www.712.nu/kyokai

Name : @サトシ Mail : anahori@712.nu Time : (99年3月18日<木>04時53分)


モルモンの方へ〜カトリック補足です

さとしさんへ
 私の書きたらずで申し訳ありません。マリアに対するのは祈りでなく、「とりなし」であること。「共同体の一致」云々も存じています。

 さて、モルモンのどなたでも結構ですが、どんクジラさんが「モルモンは民主的である」ということの証明について、1の質問は前にも申したように著作物、HPをいくつか紹介すること。あわせて当HPのオーナー氏を一方的に破門した矛盾をあなたなりの立場で釈明すること。第2点の質問につては、リアホナに大管長が「唯一真実」と「他の教会はサタンの支配下」という教義を放棄したと声明を出している箇所を紹介して下さい。すぐにこちらで入手しますので。

Name : 薮内 Time : (99年3月18日<木>05時32分)


モルモンを知ることの怖さ

こんにちは!私は以前紹介させていただきました通り、モルモンやエホバ
の証人等、正統派キリスト教として誤解されるような宗教を全く経験
しないで、プロテスタント・福音派系の教会の会員になりました。

モルモンの方や、モルモンに過去おられた方のお話をこの啓示板にて
伺っておりますと、内部では思い切り人間クサイことをたくさん経験
されているのだなあ、と思います。私も、まだ教会生活は短くて、とて
も「クリスチャンの立場」を代弁できるような人間ではありません。
むしろ、モルモンを知ることへの怖さすら感じます。

ただ、ここの啓示板は「色々な意見をストレートに言う」だけでなく、
「モルモンの真実を掘り下げる」ことに意義があるのでは、と最近改めて
思うようになりました。その中で、私のようなクリスチャンの立場しか
知らない人間が、モルモンを知る上、そしてモルモンから脱して真の救い
を求めておられる方がこれだけおられる、ということを知る上で、大変
参考になります。色々論議のきっかけも作りましたが、その中でも、大前提
である「モルモンを知る」ことが出来ました。感謝します。

これからも、色々な論議はありますが、もっと冷静に、そして静やかに、
「モルモンの真実」を知る努力を、大所高所からしていきましょうね!
それがオーナーの願いであると信じています。些細な妨害・つまらない
中傷はやめましょうね!啓示板自体が危機にさらされてしまいますよ!
それから、最低限のマナー、忘れがちですが、守りましょうね!

ここで、お祈りを。。。
「天の父なる神様、御名をあがめ感謝します。私にこの啓示板アナホリ
への参加のチャンスを与えてくださり、感謝します。この啓示板は、
モルモンを知り、そして、モルモンから脱して本当の救いを求めておら
れる方々が多く書き込みをされています。どうか神様、この啓示板を
通して、多くの方が、神様の本当の救いに預かることができますように。
私も一昨年のクリスマスに、本当の救いに預かることができました。
その救いを、もっとより多くの方に与えてほしいのです。どうか、その
事が実現するきっかけとなりますように、この啓示板を見守ってください。

愛する主の御名によってお祈りします。Amen!
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Suzuran/2545/kavaind.html

Name : Mr.KAVA Mail : DZS01455@nifty.ne.jp Time : (99年3月18日<木>10時29分)


モルモンとカトリックの限界

Mr.KAVAさん、ご忠告おそれいります。

 ここに来るモルモン教徒の人はみな、「自分たちの教会はいい教会」というけれど、あなたがたは「モルモン以外の教会はサタンの支配下」云々の教義に背いてまで反論はできないのだから、究極としては、モルモンを信じていない人にまで説得力のある話はできないんだということを理解していただければと思います。どんクジラさんへの質問にしたって、聖徳太子を持ちだして一時退散なさるほどの質問を浴びせたつもりはございません。一貫して私は二つしか質問していません。
 無論、これから啓示板に来られるモルモンの誰に対しても私は同じ質問を繰り返していくつもりです。

 ただ、カトリックの自由な精神で自己批判すれば、モルモンの唯一、優れているのはその教義でも何でもなく、その信徒同士の強い絆にあると思います。阪神大震災ではまず被災教会員の安否が先に回ったのは失態だと思いますが、 それはあなたがたは誇ってもいいと思います。
 マザーテレサは、先進国にも貧困はある。それは孤独という精神の貧困だと言いました。上智大学の百瀬氏は著書の中で、カルトに多くの若者が走った現象を、「今のそうした現代人の求めるものにカトリックなどの既存の宗教が十分応えられなかった結果である」としています。そういう意味であなたがたがモルモンにいることは、私たちも反省するべき点なのです。

Name : 薮内 Time : (99年3月18日<木>13時23分)


フレンドリーなモルモンだが

薮内さん>>

ここにも書き込まれているサトシさんのサイトに行くと、
サトシさんがモルモン教会にいって、感じた事が書いてあります
やはり、宗教を抜きにすれば、よいムードみたいな事が印象的です。

モルモン教会は、確かにある意味でフレンドリーな教会かもしれません。
たくさんの若者が、日本に伝道に来た宣教師の家へ宿泊しに渡米して
アメリカの田舎暮しを楽しみます。

モルモンはいい人だという言葉の意味も分かります。
が、その裏に隠されたものがあるように私には感じずにはおられません。

かつて、旧ソ連を訪れた知識人が、ソ連は素晴らしい国だと賞賛しました。
それに似たものがあるような気がします。
おそらく繋がりという意味では北朝鮮の方々と強いでしょう。

同じ価値観があることによる安心感がフレンドリーな関係を築かせるような気がします。
カトリックは多様な価値観を認める結果、ある意味でフレンドリーなものを失ったのかもしれません。
逆にのべれば、かつてカトリックがあって、歴史のうちに学び改善した結果失ったものを、
モルモンが持っているという事なのかもしれません。
そこから考えると、宗教や人類は、何かを得るために、何かを捨てねばならない運命の元にあるように感じます。
http://www.kis-net.ne.jp/user/yakkun

Name : やっくん Mail : yakkun@kis-net.ne.jp Time : (99年3月18日<木>14時30分)


カトリックとの比較

カトリックとの比較した文章を載せた事に、何か誤解された方もいらっしゃる見たいなので書きますが、

あたしは別にカトリックが正しいとかモルモンが正しくないというつもりでカトリックを出したのではないのです。

モルモンが性急であるという事を他の宗教(この場合カトリック)と比較して見ただけです。

そして、何故モルモンが性急であるのかを考察しようとしたわけです。

カトリックは正統、普遍的というような意味がその名前に込められているのかもしれませんが、「唯一真」とは述べていません。
だから、「カトリックでなくても、神様はあなたを愛しているのですよ。」と説くのだと理解できます。
一方、モルモンは「唯一真」だと主張します。
そうなると、それ以外は正しくないわけで、
正しくない事をすること、罪のままの生活とかいろいろは、全てダメ。って事になるわけです。
だから、早くそういったダメな道を捨てて、唯一真の生き方をしろと急くわけではないでしょうか?

唯一真という主張を下ろさずして、モルモンの何に対しても事を性急化するやり方は直らない。あるいは直りえないと感じます。
それをいいたいがためのカトリックとの比較です。
http://www.kis-net.ne.jp/user/yakkun

Name : やっくん Mail : yakkun@kis-net.ne.jp Time : (99年3月23日<火>14時36分)


カトリックの教会に行ってみました。

モルモンにどっぷり漬かっているわけではなく、他の教会も知りたいと思っています。
広島のカトリック教会に行ってみました。でも、なんとなくつめたい感じがしました。
モルモンみたいにドアのとこに立っていて、「やあやあどうぞどうぞ」的な雰囲気は
あまりありませんね。「信者以外の人はここからご見学ください」というような張り紙が、
礼拝堂の入り口のガラスのとこに貼ってありました。薮内さんが前にいわれたように、
カトリックは自分からもとめないかぎり洗礼を勧めることはないということとおなじで、
やっぱり自分からある程度積極的に求めない限り、教えを知ることはできないのでしょうか?

神父様による聖書勉強会のようなものも開かれているようですが、平日の昼間に、ちいさな
子をつれて毎週通うことはちょっとできそうにありません(^^;。

仲間とわいわいがやがや楽しく信仰生活を送りたいというタイプの人(仲間意識の強い人=私)
は、モルモンのほうが向いているかもしれません。

Name : ゆな Mail : yuna@po.teleway.ne.jp Time : (99年3月26日<金>04時28分)


ゆなさんへ

ゆなさんwrote
>仲間とわいわいがやがや楽しく信仰生活を送りたいと
>いうタイプの人(仲間意識の強い人=私)
>は、モルモンのほうが向いているかもしれません。

 前から思っているんだけれど、モルモンの人の大半は人とのつながりを一番に求めていて、信仰はそのつながりの手段になっていると思うんですよ。私はモルモン教会はそういう意味で、信仰共同体の一つに入れていいものやらと感じているんです。
 私も最初はカトリックでそういう印象を持ちました。当時はまだ「信仰」というものがわかってなかったからですね。

 人に愛されたいという気持ちがありませんか。自分から愛する喜びを知っていたら、自分からどんどん話しかけていって、自然、友達も作っていますよ。
 たしかにカトリックは信仰中心で、やたら仲間を求めに教会に来ているわけではありません。そして信仰の友人も、互いに信仰を深めあえるような関係として結びついたりします。モルモンとは仲間と神と優先順位が違うのです。
 モルモンに似た雰囲気の教会ってどこか知っています? エホバの証人とか、統一教会とか、実際回ってみたらそういうところしかないですよ。私はfriendlyさは危険な香りだと思ってルンです。

 とにかくゆなさんは、まず本を読まれてモルモン以外の考えも持てるように、まず思考の訓練をして欲しいんです。それをいきなりカトリックに行かれても、そうなるのは当たり前です。

Name : 薮内 Time : (99年3月26日<金>05時12分)


ゆなさんへ2

 このままでいくと、子供さんはモルモン二世になるわけですよね? お母さんの影響でそうなってしまったら、これは大変な責任ですよ。ゆなさんの価値観でそうなっても、子供はゆなさんの感じてきた苦痛も感じることでしょう。ゆなさん個人の問題として考えないで、そこあたりよく考えてみて下さいよ。

Name : 薮内 Time : (99年3月26日<金>05時31分)


その価値観を唯一だとしないのであればモルモンでもいいさ

> 「やあやあどうぞどうぞ」的な雰囲気は
> あまりありませんね。「信者以外の人はここからご見学ください」というような張り紙が、
> 礼拝堂の入り口のガラスのとこに貼ってありました。薮内さんが前にいわれたように、
> カトリックは自分からもとめないかぎり洗礼を勧めることはないということとおなじで、
> やっぱり自分からある程度積極的に求めない限り、教えを知ることはできないのでしょうか?

浅井サトシさんのサイトにもその事は比較としてありましたね。
ゆなさんの感想とはともかく、あたしはそれこそ「素晴らしい!」と思いますが。
ま、人それぞれだなということで(^-^;)

> 仲間とわいわいがやがや楽しく信仰生活を送りたいというタイプの人(仲間意識の強い人=私)
> は、モルモンのほうが向いているかもしれません。

だったら統一教会もエホバの証人も幸福の科学も創価学会もオウム真理教もありますけど(^-^;)??

まぁ、自分でそう思われるのならいいんぢゃないでしょうか?
ただ、同じ価値観を押し付けて、それが唯一の価値観っていうのはやらないでくださいね…ゆなさんは大丈夫だとおもうのですが、これが常に一番の懸念事項です。
要するに、モルモン教会に集っている人に対して信頼がまだないっていうべきか…(^-^;)
http://www.kis-net.ne.jp/user/yakkun

Name : やっくん Mail : yakkun@kis-net.ne.jp Time : (99年3月26日<金>10時02分)


モルモン・ファミリー

どうも、山犬です。最近発言らしい発言をしなくてどうもすみません。
話は変わりますが私は最近、古本屋で宗教に関する本を買ってみたらその本の中に
モルモンのことが載っていました。
内容を一部抜粋すると以下のようなことが書いてありました。

「伝統的に彼らは団結力が強いが、特に何かのトラブルを抱えている信者に対して
 精神的あるいは経済的援助を与えている。そのような彼らをしばし”モルモン・
 ファミリー”と呼び、信者にとっては大きな安心感と誇りを与えているようであ
 る。」

しかし”モルモン・ファミリー”っていったい・・・。(^_^;)
精神面はともかく経済的援助なんてあるのでしょうか?
私がモルモン教会に通っていた時、経済的援助なんて聞いたことも見たこともあり
ません。
ちなみに、この本が発行されたのは昭和62年です。

Name : 山犬 Time : (99年3月26日<金>20時14分)


ゆささんへ

 引き続き、@サトシ です。

 ゆささんへ、初めまして。『カトリックの教会に行ってみました』(99年3月26日<金>04時28分)を読ませて頂きました。
 

 「信者以外の人はここからご見学ください」というような張り紙が聖堂入口に貼ってはったそうですね。これについて説明すれば、基本的に聖堂の中には信者でなくとも入って構いません。ただ、カトリック教会というのは、その雰囲気からしばしば観光の対象となりやすく、宗教慣れの無い人の中で聖堂の中をただの観光地としてしか見ない人もいます(欧州の教会では日本人が居るだけで警戒される場合があります)。その為に貼ってあったのでしょう。聖書講座に関しては、神父と相談するか、折角インターネットがあるのですから、それを利用するのも良いかと思います(http://www.tosho.co.jp/pauline のHPの主催者にメールを出してみるのが良いかも知れません)。

 カトリック教会が初めての人に冷たい印象を与えることは事実で、私は現状で良いとは思っていません。しかし、モルモン教との比較で言えば、活動の目指す方向性の違いを考えなければなりません。カトリック教会の現在の方針は、信者は教会の活動に積極的に参加するよりも、社会に出て、その中でキリストの心に適った活動(教会に人を連れてくると言う意味で無いですよ)をすべきであるとしています。そのため、教会の中の事は、あまり手が付けられていないのが現状です。

 私も、以前モルモン教に2ヶ月ほど遊びに行ったことがあります。確かに建物の入口に人が立って、来る人全てに声を掛ける雰囲気はとても好感が持てますし、モルモン教の人たちのつながりも強く、平日も集まってスポーツをしたり、週末はケーキを作ったり、パーティーを開いたり、それは素晴らしい事だと思いました(東京の吉祥寺の話です)。ただし、これらの事は信仰の問題ではありません。楽しむために信仰を利用している様な印象は、薮内さん(99年3月26日<金>05時12分)同様、私も感じました。仲間で楽しむ事に魅力を感じるなら、会員になる必要が無いかと思います。

 参考までに少し、難しい話を書きたいと思います。ご存じかもしれませんが、新約聖書はギリシャ語で書かれています。日本語や英語やラテン語などは「愛」という言葉は基本的に1種類ですが、ギリシャ語は4つに分かれています。聖書ではそのうち2つについて取り上げており、「アガペー」と「フィリア」の2つがあります。前者は「神の愛」「無条件の愛」、後者は「兄弟愛」「対等な愛」の意味があります。無条件の愛とは、愛する対象の人に自分か好きかどうか、罪人か、良い人か、等の条件を一切付けないという事です。カトリックでは、アガペーに重点を置く傾向にあります。モルモン教はフィリアがとても強いように感じました。

 参考になりましたでしょうか。では
http://www.712.nu/astext/

Name : @サトシ Mail : anahori@712.nu Time : (99年3月27日<土>02時48分)


お詫び

下の書き込みで、いくつか失敗をしました。

ゆなさんへ
 ・・・名前を間違えてしまいました。失礼しました。お赦し下さい。

その下の書き込みは何故か2回書き込まれてしまいました。ボタンは1度しか押していないのですが、サーバーの混雑のために1度タイムアウトを起こしてしまい、再度書き込みボタンを押したら2度書き込まれてしまいました。タイムアウトにあった場合は、1度ブラウザを閉じた方が良いかもしれませんね。

 それでは、失礼いたしました(しかも長文・・・)。
http://www.712.nu/astext/

Name : @サトシ Mail : anahori@712.nu Time : (99年3月27日<土>02時53分)


ゆなさんへ

 よく考えてみると、確かにカトリックはモルモンに比べてフレンドリーとはいえません。サトシさんはカトリックも見習うべきだとご自身のサイトで語っておられました。ただ私は全く同じフレンドリーさをカトリックに持ち込むことは危険だと感じています。
 
 神様がもっとも大切なことと私たちにお示しになったのは「隣人愛」ですよね。この隣人というのは、自分の味方であるか敵であるか、知人であるか知人でないかということ関係なしに、互いに愛しなさいということです。
 自分を愛してくれている人を愛するのは誰でもできることです。はっきりいって宗教も神も必要ありません。モルモン教徒はそういう人間関係に溺れているんです。そして関心が教会だけにあるものだから、阪神大震災で最初にやったのは仲間の安否確認という失態を演じてしまいました。閉鎖的に固まっているモルモンほど隣人愛を実践できない環境はありません。
 
 たしかに現代人は孤独といわれますから、仲間を求めるとわりきってそうした教会に行くならよいのですが、教会員はそれを「信仰」と錯覚しています。
 しかし、人は必ず裏切るものです。最初は喜んで教会に入っても、いつかは仲間の裏切りにあうでしょう。そのショックから教会を離れる人が後を絶ちません。(人につまずくというモルモンの主張もあながち間違いではありません。しかしその原因を個人的問題にしてしまっているところに問題があります)

 神は人を裏切りません。信仰をしっかり持っている人は、人に裏切られても信仰を保ち続けることができます。そういう安定した神と人との関係が、カトリック(もちろんプロテスタント)にはあります。ですから私は、モルモンなみに深い交わりがなければ、カトリック教会に来られないといということはありません。それを可能にするのが、本当のキリスト教会ではないかと強く感じます。
 カトリック教徒は教会員同士では、モルモン並に関心は示しませんが、困った人には本当によくしてくれますよ。津のカトリック教徒で宮西さんという方がおられるのですが、市内の主な慈善団体の代表を務める有名人です。従軍慰安婦問題では何度も韓国に自費で訪問して、慰安婦のおばあさんを励ましたり、チェルノブイリの原発事故で白血病になった子供を救おうと、五年ほど前にリサイクルショップを作ってその収益金を同じ活動をしているドイツのプロテスタント教会に送金しています。(この店にはカトリックやプロテスタントの奥さんが無償で働いていて、また寺のお坊さんも寄付金を出しています。宗教は関係ありません)。
 さらに今年は新たに三重ダルク(薬物依存者の救援組織)を発足させ、カトリック教会が本部として建物を提供しています。

Name : 薮内 Time : (99年3月27日<土>03時37分)


おはようございます

色々返事ありがとうございます。

その中でカトリックの事の話しがありましたけど。。。

私は生まれた時からカトリックの教会に行ってましたので、
ここの大部分の方より、カトリックの良い所と、人に言えない部分が
有ることは良く知っていると思います。 
それに叔父にあたる人は、影響力の有る方ですので。

心配して下さい有り難うございます。

Name : なっちゃん Time : (99年3月28日<日>03時30分)


なっちゃんへ

 幼児洗礼だったのですか。
私の教え子(私の塾の教師です)に、幼児洗礼の高校生がいて胸にマリア様のロケットをしていましたが、やはり卒業後は通わなくなりました。聖書をこれというほど読んでおらず、親の影響だけで教会に来ていたようです。
 なんというか、少なくともあなたは信仰で教会を探しておられない。
「カトリックを誰よりも知っている」というのは少し、自重の足りない意見ではないでしょうか。本当に知っているならさぞ今まで勉強されてきたことと思いますので(単に教会に通ってきただけでは知っているうちには入りません)過去1年間に読んだキリスト教の本をすべて私に教えていただけますか? それとその内容について感じたことをここに書いてみて下さい。そして過去1年間に聞いた御ミサの説教と併せて思ったことをここに述べて見て下さい。
 できますか? なっちゃん。私よりもカトリックをよく知っておられるのなら。

Name : 薮内 Time : (99年3月28日<日>22時56分)


追伸

 それから去年は何について特に祈ってきましたか。去年、神父様には何回告解しましたか。聖書講座に出席して何について感慨を持ちましたか。そこのところも聞かせてください。あなたがどこまで本気で信仰を考えてきたかわかります。
 
 どうしてもモルモンに行くというなら止めはしません。ただ、今の気持ちを信仰とすり替えるのだけは、御自身に対してもダーティな生き方だと思います。

Name : 薮内 Time : (99年3月28日<日>23時07分)


なっちゃんへ、初めまして

 なっちゃんへ、初めまして。カトリック信徒の 浅井サトシです。

 あなたが、ボンクリスチャン(幼児洗礼者)との事で、気になり書かせて頂きます。私自身はボンクリスチャンではありませんが、幼児期に教会との関わりが出来ました。

 カトリックの良い所と、人に言えない部分が有ることは良く知っているとのこと、気持ちは良く分かります。私もカトリックの事を考える時、決してきれい事では済まない事も良く知っています。カトリックの中にも悪い人はいますし、信仰を知識や勉強、祈りや秘跡の回数で計る人もいますし、精神的に疲れている時ほど教会には行きづらいものです(これ以上は、ここで書くべきではないですね)。

 私自身、カトリック教会との関わり方を今でも常に悩んでおります。自分が何故カトリックなのか、今でも自分に問いかけています。なっちゃんのカトリックを離れたい気持ちを、少しは理解できるかもしれません。と言うより、他の人の離れたい気持ちを知り共有したいのです。

 もっと多くの事を書きたいのですが、あいにく、ここはカトリックの事を書く場所ではありません。もし、よろしければメールを頂けませんか?

 お待ちしております。
http://www.712.nu/as/

Name : @サトシ Mail : anahori@712.nu Time : (99年3月29日<月>04時52分)


「過去ログ集 Part 5」に戻る

homebutn.gif (1052 バイト)