反モルモンの新解釈


反モルモンの新解釈

沼野治郎さん wrote:
>広い視野で見れば、聖書やキリスト教も類似した道を辿ってい
>るように思います。いわゆる非神話化を経過して今日にいたり、
>世俗化(secularization) した現代でもキリスト教が生き残っ
>ているわけです。るうさんのように、またブレア首相のように。

現在の聖書やキリスト教も、昔は現在のモルモン書やモルモン教と同じ扱いを受けていた、ということですね。それはそうなのかも知れませんね。

私が興味があるのは、昔の聖書やキリスト教が、どのような過程を経て現在の姿にまで進化したかということです。私は聖書やキリスト教の歴史に詳しくないので推測になりますが、私たち(反モルモン)のような人達が、昔の聖書やキリスト教を批判し、その批判に耐え切れなくなって姿を変え、現在のようになったということではないのでしょうか? 決して自発的に変わっていったということではないと思います。

となると、もしかしたら私たちは、反モルモンを標榜しながらも、モルモン教が世界的な一大宗教となることの手助けをしているのかも知れません。実際、「聖徒の未知−公式の宣言(下記URL)」は、モルモン教が「世俗化した現代」にも適応できるよう、とるべき指針を示しています。

私たちは、今はモルモン教会から憎まれる存在であっても、将来、感謝されるようになるのかも知れませんね。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~exmormon/claims/sengen.htm

Name : 反モルモンのHANK@森です。 Mail : mori-hdk@shonan.ne.jp Time : (99年2月19日<金>23時47分)


ひょっとしたら手助けしている?

HANK 森さん wrote:
> 現在の聖書やキリスト教も、昔は現在のモルモン書やモルモン教と同じ扱いを受けていた、と
いうことですね。それはそうなのかも知れませんね。

私が興味があるのは、昔の聖書やキリスト教が、どのような過程を経て現在の姿にまで進化し
たかということです。・・・私た
ち(反モルモン)のような人達が、昔の聖書やキリスト教を批判し、その批判に耐え切れなく
なって姿を変え、現在のようになったということではないのでしょうか? 決して自発的に変
わっていったということではないと思います。

私もそう思います。同感です。(沼野)

となると、もしかしたら私たちは、反モルモンを標榜しながらも、モルモン教が世界的な一大
宗教となることの手助けをしているのかも知れません。(森)

そうかもしれません。Rodney Stark の過大とも思える予測は、そのような道をも視野に入れているか
も知れません。

http://www.hikari.com/MF/mormonforum.html

Name : 沼野治郎 Mail : numano@tokuyama-u.ac.jp Time : (99年2月21日<日>19時17分)


「過去ログ集 Part 4」に戻る

homebutn.gif (1052 バイト)