モルモン書、昭和訳


モルモン書、昭和訳 「ごらん・・」

Re: Yukimasa-san'g comment on 1/22.

モルモン経の「ごらん」が頻繁に出てくるのに閉口
した、と書いておられましたが、正直言って私も同
じように感じていました。また「日本語がうまく使
えないのではないかという文章や言葉が続出」も多
少近い印象をもっていました。(翻訳は極めて正確
ではありましたが)この印象は個人訳からくる制約
で、その人のマンネリズムが反映していたと言うべ
きでしょう。

幸い、95年8月に翻訳が改訂されています。機会が
あればご覧になって下さい。(私も改訂の一端を担い
ました。)

宗教書らしい香りさえ感じなかったとのことですが、
私も訳文を嫌って英文で読んだことがありました。
気のせいかも知れませんが、英文だと読者(私)の
心に訴える箇所が割合あるように感じたのを覚えて
います。(ニーファイのPsalmと呼ばれるIN33章
など)。しかし、これも結局は受け入れて、信仰の
心で読んでいるかどうかの問題であろうと思います。

           沼野治郎
http://www.hikari.com/MF/mormonforum.html

Name : 沼野治郎 Mail : numano@tokuyama-u.ac.jp Time : (99年1月25日<月>19時23分)


「過去ログ集 Part2」に戻る

wpe2.jpg (1620 バイト)