多妻結婚の真実


多妻結婚の真実!?

やっくんさん、レスありがとう御座います。
そうですか、リアホナだったのですか・・・・
このHPによると、リアホナもジョセフの想像物だと書かれていますからね(笑)

「素顔のモルモン教」の中には多妻結婚の事が多く書かれていますが、それによるとジョセフは1830年代の初め頃から多妻結婚を始め、生涯に60人以上の妻をめっとったと書かれているのを見て、びっくりいたしました。また、自分の妻だった女性を今度は他の使徒がめとったりで、まるで女性のたらい回し現象が起きていたのですね。
かって私が新会員の頃ですが、多妻結婚の事を知って、ホームティーチャーであったステーキ部長に真相を尋ねてみました。その時の答えというのが、今考えるとおかしくなる内容で、つまり、南北戦争が起こってたくさんの男性が死んでしまい、やもめも多く発生し、男女間の数のバランスが取れなくなり、結婚できなくなる女性が多く出現するようになった為、ジョセフが神から啓示を受けて、多妻結婚が行われるようになった、とのことでした。
その時はその説明で納得しましたが、後で調べてみると南北戦争が始まる前から多妻結婚が行われていたことが分かり、なんでステーキ部長はあんな説明をしたのか疑問に思っていたものです。
ステーキ部長といえども多妻結婚に関する有効な回答を持ち合わせていなっかたようですね。この件に関しては教会上層部からの指示が無いのでしょうか。それとも知られてはまずい事柄があって、秘密主義を貫いているのでしょうか。
いずれにしても、つじつまの合わない事が教会内には多いいと思います。まだまだ出てきそうですね!

Name : モバ Time : (99年1月9日<土>23時32分)


多妻結婚の真実

モバさんwrote:

>ジョセフ達がこんな悪さをしていたにもかかわらず、一般の会員達は知らな
>かったんですかね。いや、知られないように極秘裏に行なっていたんでしょ
>うか。

 ジョセフ・スミスは、生涯、自分が多妻結婚をしていたことを秘密にし続けていました。もちろん、側近や直接の関係者は知っていたのですが、一般の会員には隠していました。彼はそれが、特に妻のエマ・スミスに知られることを恐れていたようです。多妻結婚の教義自体、ジョセフが浮気したことを嫉妬深いエマに問い詰められたことに対する言い訳が発端です。彼がカーセージ牢獄に入れられたのは、彼の多妻結婚を暴露しようとした新聞(Nauvoo Expositor)の印刷機の破壊を命じたことが原因となっています。
 エマはジョセフの死後、モルモン教会を離れ、復元教会(モルモン教会からの分派)に行きましたが、復元教会の教えでは、ジョセフは多妻結婚を行っていなかったことになっています。エマの意向が強く反映しているものと思われます。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~exmormon/claims/profile.htm

Name : 「聖徒の未知」オーナー HANK@森 Mail : mori-hdk@shonan.ne.jp Time : (99年1月11日<月>23時07分)


多妻結婚について

多妻結婚があったのに、どうして純潔の律法もあるのでしょうか。
矛盾しているようにも思えるのに・・・・。

多妻結婚があったと言うのは知っていたけど、ジョセフが浮気を正当化するために
やったというのは初めて知りました。私は旧約の予言者もやっていたからと、自分
の中で納得する様にはしていたのですが・・・・。

Name : ゆな Time : (99年1月14日<木>03時07分)


多妻結婚

>多妻結婚があったのに、どうして純潔の律法もあるのでしょうか。
>矛盾しているようにも思えるのに・・・・。
>多妻結婚があったと言うのは知っていたけど、ジョセフが浮気を
>正当化するためにやったというのは初めて知りました。
>私は旧約の予言者もやっていたからと、自分
>の中で納得する様にはしていたのですが

この神聖な制度は福千年に入ると再び開始されるそうです。

参考文献「モルモンの教義」

Name : サボテン Time : (99年1月15日<金>02時50分)


多妻結婚

自分で調べたのですが(調べた本の名前は忘れてしまいましたが)ジョセフ・スミスは60人以上の女性と結婚したみたいですが、本当でしょうか?
本当であればいったいどのような生活だったのでしょうか?
男性の私としては、ちょっとうらやましいような感じもしますが(^^;

Name : 山犬 Time : (99年1月16日<土>10時23分)


妻の数

山犬さん曰く

いかついハンドルネームですね。さいとうたかおの劇画みたい!

素顔のモルモン教のp188には「ジョセフ・スミスには少なくとも66名、ブリガム・ヤングにはついては50名以上、ヒーバー・キムボールについては45名・・・」とありますね。

http://www3.osk.3web.ne.jp/~hidekio/

Name : るう Mail : hidekio@osk3.3web.ne.jp Time : (99年1月17日<日>16時40分)


多妻結婚−追加情報

多妻結婚は、1890年に出された「公式の宣言」により、公式には中止されたこととなっていますが、これは教会を存続させるためのカモフラージュに過ぎませんでした。少なくとも1902年頃まで、教会幹部が関与して多妻結婚が行われていたことがわかっています。このことについて、モルモン教会は、一部の会員が勝手に行なったこととしていますが、米国上院における聴聞会記録を見れば、それは明らかな嘘だったということがわかっており、逮捕者も出ています。

現在の大管長ヒンクレー氏は、その著書「回復された真理(p.147)」で以下のように記述しています。

「ウッドラフ大管長は『主のみ前に真剣に祈った』のち、1890年10月6日、教会歴史で言うところの『公式宣言』を発した。それは多妻結婚終結の宣言であった。それ以来、教会はそのような結婚を実施してもおらず、認可してもいない。」

教会はそのような結婚を実施もし、認可もしていたというのが事実です。

その後発行された「わたしたちの受け継ぎ−末日聖徒イエス・キリスト教会歴史概観(p.90)」では、「公式の宣言」が記された、という記述にとどめられ、その後多妻結婚が行われていないということまでは書かれていません。

さすがにあからさまな嘘を書くのはマズいと判断したのでしょう。教会内外から、「回復された真理」の記述が誤りであることを指摘されたことは間違いないと思われます。嘘にはならないような巧妙な表現で真実を伏せていることがわかります。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~exmormon/claims/profile.htm

Name : 「聖徒の未知」オーナー HANK@森 Mail : mori-hdk@shonan.ne.jp Time : (99年1月18日<月>10時37分)


多妻結婚---蛇足情報(^^;

多妻結婚はモルモン教にとっては過去の事であり、現在のモルモンは非常に貞淑な生活をすているのである。だからこの問題に触れることは良い事ではない。
と言った言葉をモルモンの真実を伝えようとしている著作でも見かけるのです。確かに信者の貞淑な生活は事実のそのとおりかとは思えますが、多妻結婚が過去の教義であるとは言えません。それは、サボテン氏が「モルモンの教義」で引用された通りですし、現に神殿での結び固めでは男性には永遠の伴侶を多く持つ事が「神の啓示」として認められているのです。
多妻結婚はこの世の法の及ぶ世界では禁止されていますが、法の及ばぬところでは認められているのです。このことは二つの事を意味すると思います。ひとつは多妻結婚の中止(福千年で再開されるので)は単にこの世の法との妥協であったということ。
もうひとつは「公式の宣言」などで述べられている内容の欺瞞性です。
所詮はご都合主義であるのか。あるいはとことん世間をなめきっているのかどちらかでしょう。
http://www3.osk.3web.ne.jp/~hidekio/

Name : るう Mail : hidekio@osk3.3web.ne.jp Time : (99年1月18日<月>18時40分)


「過去ログ集」に戻る

wpe2.jpg (1592 バイト)