強者と弱者


強者と弱者

イエスは弱者の元をおとずれたんですよね。
弱者の中にはイエスを否定してしまう人もいたかもしれません。
しかしイエスはそれを受け入れるんですよね。
それがよくあらわれているお話が遠藤周作の「沈黙」だと思います。
イエスが憎んだというか批判したのは、
表面的な人たちです。
自分達は強いとか正しいとおもっている人たちですね。むしろ。
だから、そういう人たちに対しては
「あなた方をしらない」
という見たいな事いっています。

ところで末日聖徒ですが、これは強者の教会ですよね。
弱者はいれないのです。
お酒をのんでいるあなたを受け入れます。なんていいません。
あなたお酒のんでいるなら、やめなさい。
飲んでいると神殿に入れませんよ。
っていうのが末日聖徒です。
これはイエスの教えと根本的にぶつかりあうのです。

末日聖徒も馬鹿ぢゃないので(^-^;)
新約聖書を自分勝手の都合のよいように解釈しますが、
やっぱり無理があると思います。

素直に聖書をよめば、
末日聖徒はイエスの教えと矛盾している事にやがて気が付いてしまいます。

イエスの愛の深さはそこにあるのです。
そのイエスを愛し、ついていきたいという人だけがキリスト教に入るべきであって、
何かそこに入っていれば手に入れられるというようなのは
実は動機からして正しくないのですよね(^-^;)

それはイエスの嫌った偽善だからです。

ところが末日聖徒は、そういう動機すらOK
いや、むしろそういう動機付けをするように誘惑して信者を獲得しようとします。

素晴らしい家庭、模範的な青年たち。
どうです。いいでしょ。欲しいでしょ。
最後には神様になれるという特典つきだ。
っていう調子です。

これはキリスト教とは言い難いかもしれません。

少なくともあたしが読む新約の教えとは違うように思います。
まあ、それでも
イエスだったら愛して下さることでしょうが。

イエスは理想的でない家族、模範的でない青年、そして神様になれそうにない人々を愛し
彼等の元をおとずれ、ただ、共にいらしたのではないでしょうか?
ああしろ、こうしろ、
などと彼等に押し付けたのでしょうか?
違います。ただ受け入れただけです。
だから、彼等もイエスを愛したのです。
神は弱者の神なのではないでしょうか?
http://www.kis-net.ne.jp/user/yakkun

Name : やっくん Mail : yakkun@kis-net.ne.jp Time : (99年1月3日<日>03時01分)


やっくんの、、

 >イエスは理想的でない家族、模範的でない青年、そして神様になれそうにない人々を愛し
> 彼等の元をおとずれ、ただ、共にいらしたのではないでしょうか?
> ああしろ、こうしろ、
> などと彼等に押し付けたのでしょうか?
> 違います。ただ受け入れただけです。
> だから、彼等もイエスを愛したのです。
> 神は弱者の神なのではないでしょうか?

、、の意見に大賛成です。
でも教会はそんな人でも早く霊的に自立して、
「わたしの羊を養いなさい」、、を期待される。
人によっては早く自立できる人もいればそうでない
人もいる。 でもそんな人でもすぐに兄弟ならアロン神権
を、または責任を与えられる、、。
責任によって早く成長できる人もいれば、責任によって
プレッシャーを感じ、責任を全うすることが霊的に成長
できたことと勘違いしてしまうところに問題があると思う。
イエスの言葉を味わい、心から人に奉仕したい、、と感じて
初めて、「わたしの羊を養いなさい」、、ができるのではないだろうか。
教会の中にいて、時々このようなことを感じているが、なんとかこの雰囲気
を変えられないかな、、などど思っている。

Name : いと Mail : itochan@alles.or.jp Time : (99年1月5日<火>02時03分)


弱者は、持っているものまで取られる

ところで末日聖徒ですが、これは強者の教会ですよね。
弱者はいれないのです。
やっくんへ。

>お酒をのんでいるあなたを受け入れます。なんていいません。
>あなたお酒のんでいるなら、やめなさい。
>飲んでいると神殿に入れませんよ。
>っていうのが末日聖徒です。

その通りです。でも、教会幹部でも喫煙の噂があります。
LDSは、戒めを守る守らないなんて関係ないです。
たとえ万引きしても、姦淫の罪を犯しても
監督に告白しなければ、良いのです。

LDSで生き残るためには、弱いものいじめをするのが
一番良いのではないでしょうか。
教会に去る人が出れば、いじめた人の勝ちなんです。

モルモン教で一番大切なのは、
隣人愛ではなく、教会への貢献だと思います。
教会内で偉くなる事こそ、モルモンの
最大の目標だと思います。

だから、モルモンは性格がきつい人が多いのです。
会社以上に会社らしい組織だと思います。

Name : ぽめ Mail : pome@xb3.so-net.ne.jp Time : (99年1月5日<火>11時56分)


私も弱者です。

私は、モルモン教会に一生熱心に集おうと決心している、森さんに
言わせれば、このサイトをみるべきではない(?)、一人の人間で
す。やっくんは、モルモンは強者の教会と書いていましたが、私は
自分では、大変な弱者だと思っています。

教会のせいで人生が狂ってしまったという人もいるようですが、私は
逆に救われました。私個人としては、勝ったから教会にいるのでは
なく、私にはこの教会が必要だったと考えています。

ただ、傷ついて教会を去っていった人達がいるという事を聞く度に
胸が痛む思いです。自分も同様に誰かを傷付けたかもしれないから
です。教会員だけで固まってしまうと、どうしても考えが固まって
しまい、他人の気持ちを考える事ができない人間になりがちです。
モルモン教会の福音を否定する気持ちは全くありませんが、今、私は
教会員外の人達とも交流をもてるようになるように努力しています。

この掲示板の人達には矛盾していると言われるかもしれませんが。

Name : BRAVE Mail : miyata86@tky2.3web.ne.jp Time : (99年1月5日<火>18時05分)


ぽめさん、、

ぽめさん、お久しぶりです。
「弱者は、持っているものまで、、、」を読んでかなりショックを受けています。
私の集っているワードではこんなことは私の知るかぎり一切ありません。
もしこれが本当ならそれは教会の教えではないです。
万引きしても姦淫の罪を犯しても監督に告白しなければ、良いとか、
LDSで生き残るためには、弱いものいじめをしなさい、、とか、
一番大切なのは、隣人愛ではなく、教会への貢献、、だとか、、、
教会内で偉くなる事こそ、モルモンの最大の目標、、とか、、、。
そんな教えは教会にはないです。
私は一応教会には集っていますが、何から何まで全て教会の弁護をしようとは
思いません。ただ、私は事実は事実として、事実ではないことは事実ではない
こととして明らかにしたいだけです。
何も教会のことを知らない人がぽめさんの文章を読んだら勘違いしてしまうかも知れません。
しかし、もしぽめさんが集っていた教会で本当にそのようなことが平然と行われて
いたら、それは教会の教えではなく、人間的な弱さや無知によるものではないでしょうか、、。
(私だって弱い人間ですから知らず知らずのうちに人を傷つけてしまったこともあるかも知れませんし、)
それとも、もしかしたら教会に集うことによってそうならざるを得ない構造的な欠陥みたいな
ものが教会にあるのでしょうか。
どちらにせよ、ぽめさんがそのように感じてしまったということはとても不幸だと思います。
一刻も早い心の癒しを願っております。

Name : いと Time : (99年1月5日<火>20時38分)


化け化け

(この部分、省略)

to:いとちゃん

 弱いものいじめは、派閥という名前で存在しています。これは
女性の方が顕著に現れます。よく観察してみて下さい。きっとあ
るはずです。
 あと、形は違いますが、指導者崇拝も同じようなものでしょ
う。これはひどい場合にはステーク会長の子供などを甘やかすと
いう形で現れます。

(この部分、省略)

Name : じった Time : (99年1月6日<水>15時49分)


「過去ログ集」に戻る

wpe2.jpg (1592 バイト)