雑誌女学世界のモルモン教記事


 
  

明治時代の雑誌「女学世界(東京・博文館)」が明治38年(1905年)6月号に掲載したマーク・トゥエインの文章です。この記事自体は割と有名なもので、ブリガム・ヤングの多妻婚の様子を面白おかしく描いています。
しかし、こんなに早くに日本に紹介されていたことは興味深いことです。 
挿絵が純日本風であることがほほえましいですね。まるで、道楽な旦那がネタの落語の口調のような翻訳も愉快です。タイトルは、「一夫多妻と慕門(モルモン)教主の家庭」となっています。
リンクをクリックして画像ファイルでお読みください。
尚、本資料は国立女性教育会館から提供いただきました。


表紙
(1.30KB)
  
 1ページ (531 KB)
  
 2〜3ページ (1.14MB)

4〜5ページ (1.16 MB)
 
 6〜7ページ (1.15 MB)
  
 8ページ (103 KB) 

 

モルモン教は信じるに足るかに戻ります