ありえないユダヤ人という表現

 

  「ユダヤ人」という呼称は現代の私たちにとっては極めて日常的に使っている言葉です。 この言葉の起源に付いて考えて見ましょう。元々旧約の民を指す言葉には「ヘブライ人」 「イスラエル人」と言うものもあります。
 「ヘブライ人」というのは(ユーフラテス)河の向こうから来た人々という意味です。 また、「イスラエル人」とは神(エール)が治めるという意味の信仰告白に基づいた呼称です。 これらふたつはかなり古い時代から用いられていました。
 さて、今ではこれらふたつより一般的になった「ユダヤ人」という言い方ですが、 これの使い始めは、ずっと時代が下ってからの事です。
 ソロモン王の後、北イスラエル王国と南ユダ王国に分裂したダビデの王国は北イスラエルがアッシリアによって滅ぼされ、 南ユダ王国はバビロニア滅ぼされます。 そして捕囚されて行った南ユダ王国の上層階級をバビロニアの人々が「ユダヤ人」 と呼び始めたのがユダヤ人という呼称の最初です。 バビロニアによるエルサレム陥落がBC587ですから、それ以降、捕囚時代からの呼称なのです。
 また、古い資料としてはアリストテレスの弟子エオフラストの記述で「ユダイオイ」(ユダヤ人)とあります。 このテオフラスの生涯はBC372或いは371年〜288或いは287年ですから、 一般的に「ユダヤ人」が 使われ出したのはこの前300年のころからでしょう。
 旧約聖書でも「ユダヤ」と言う言葉の最初はエズラ記の5章8節で、 これはペルシャ帝国の一地方として現れており、やはりバビロニア以後のものです。

  さて、モルモン書を見てみましょう。
 モルモン書では「ユダヤ人」と言う表現がごく普通に出てきます。第1ニーファイだけでも10以上を数えます。 一例ですが、いきなり1章2節に

 

「まことにわたしは父の言葉で記録するが、それは、ユダヤ人が学んできたこととエジプト人の言葉から成っている」


とニーファイ自身に語らせています。
 また、13章の23節では天使までが「ユダヤ人」という表現を使っています。

すると天使は、『見なさい。この書物はユダヤ人の口から出ている』と言った。わたしニーファイがそれを見ると、天使はわたしに言った。 『あなたが見ている書物はユダヤ人の記録であって、主がイスラエルの家に立てられた聖約が載っており、 それにはまた、聖なる預言者たちの語った多くの預言も載っている。 それは真鍮の版に刻まれている記録に似たものであって、ただその量が少ないだけである。 それでもその中には、主がイスラエルの家に立てられた聖約が載せてあるので、異邦人にとって大いに価値のあるものである。』」


 その他先に述べたように「ユダヤ人」という言葉は枚挙に暇がないのです。 まるで、現代の私たちが使うような感覚で「ユダヤ人」と言う言葉が乱発されている事が分かるでしょう。

 改めて言うまでもない事ですが、リーハイの一族はエルサレム陥落前にエルサレムを脱出しています。 当然その時期には「ユダヤ人」という呼称はまだ生まれておらず、使えないはずの言葉なのです。
 もし、その時代に生きた人物が書いたのであれば、単に「民」「わが民」と記したでしょう。 モルモン書はユダヤ人と言う呼称が定まった時代、つまりジョセフ・スミスの創作、 それもかなり杜撰なものであると言う事がこうした小さな事からも分かるのです。

参照「ユダヤ人とローマ帝国:大澤武男(講談社現代新書)」

 sexit.gif ページを閉じる