ジョセフ・スミスは翻訳者ではなく作者だった

初版本扉

左図は1830年のモルモン書の初版本の扉のページです。

神の力によって翻訳されたといるこのモルモン書ですが、初版本から3913箇所もの変更があることは、ご存知の通りです。こうした変更があるという事自体、変更箇所をひとつひとつ取り上げるまでもなく神の力ではないと言う理由になります。

しかし、そう言い切ってしまうだけでは元も子もありません。モルモン書が偽書であるという致命的な箇所をふたつピックアップしましょう。

まず最初は、扉のページです。下の方に
 

BY JOSEPH SMITH , JUNIOR 
AUTHOR AND PROPRIETOR


とありそれが消されて

 TRANSLATED BY JOSEPH SMITH , JUN.

と欄外に書かれています。これは初版本から変更されたことを示しています。元は「ジョセフ・スミス・ジュニアによって書かれ、版権を所有する」と初版では記載されていたものがその後の版で「ジョセフ・スミス・ジュニアが翻訳した」と改訂されているのです。

当初、モルモン書はジョセフによって書かれたものとして出版されていたのです。

 

これと同じ訂正が巻末でも行われています。初版本の巻末は「八人の見証者の証」になっています。
ここにも「AUTHOR AND PROPRIETOR」と言う文節が出て来ます。やはりジョセフは「作者」であったのです。
この箇所も後に「TRANSLATER」と改訂し「翻訳者」に変えています。(他にもつづりの誤りを2箇所訂正)

ここの変更は大問題です。

見証者の証は声明文におのおのが氏名を列記して証言する形式になっています。
つまり、八人の見証者は「書き、版権を有する」ものである事を証言しサインをしているのです。ところがその後にこの箇所を「翻訳した」と変えているのです。署名入りの文書を勝手に書き換えては、偽造でしょう
例え意味が変わらない内容でも署名のある文書の本文を後日勝手に変更しては証言としての価値は損なわれます。ましてや、「書く」から「翻訳する」に意味が変わってしまったのでは、どうしようもありません。

このことだけでも、八人の見証者の証言自体取るに足らないと断言できます。

見証者原文

 

 

モルモン教は信じるに足るか?に戻ります