ウリムとトンミムタイトル


 モルモン教にとっての「ウリムとトンミム」

 ジョセフ・スミスはモルモン書の翻訳にあたりウリムとトンミムという解訳器を使ったと言っています。モルモン書の前書きとも言うべき『預言者ジョセフ・スミスの証』にこうあります。
「銀のつるにはめた二つの石も版とともに隠されていること―これらの石は胸当てに付けてあって、ウリムとトンミムを成す―」
この石(ウリムとトンミム)を帽子に入れジョセフは覗き込んで石に浮かび上がった文字を読み上げ書記者がそれを記述していくのが、モルモン書翻訳の方法でした。
また、一説によると「つるにはめた二つの石」ということでウリムとトンミムは眼鏡の形式をしていてそれを通して金版を読んで行ったとも言います。

この「ウリムとトンミム」はモルモンにとっては大変権威のあるものとして位置付けられています。
 
「アブラハムも,その時代に持っていたし(アブラハム3:1−4),アロンと イスラエルの祭司たちも代々それを持っていた。(出エジプト28:30;レビ8 :8;民数27:21;申命33:8;サムエル上28:6;エズラ2:63;ネへミヤ7:65)  (略)アンモンもこの同じ宝石について次のように言っている。「これは…解訳器と言う。神の命を受けた人のほかには一人もそれを覗いて見ることはでさない。 見てはならないものを詮索してそれがために亡びるおそれがあるからである。およそ,これを覗いて見よと命ぜられる人を聖見者と言う。」(モーサヤ8:13;28 :13−16)  ウリムとトンミムは,昇栄した人々の間で啓示を受ける道具として永遠にわたっ て存在し,使用されるはずである。」(ブルース・R・マッコンキー 『モルモンの教義』)
また、単に解訳器であるだけでなく、栄を受けた義人がその「しるし」としてこの「ウリムとトンミム」を所有することになると教えているのです。
「その時、黙示禄第二章十七節に述べられている白い石は。それを受ける各人にとって一つの『ウリムととトンミム』になる。そして、これによって高位の王国に関することが知らされる」(教義と誓約130章10節)
それだけではありません。神様と御子イエス・キリスト天使達の住むところは一種の巨大な「ウリムとトンミム」であるとも言っているのです。
「神が住んでおられる所は、一つの雄大な『ウリムとトンミム』である。この地球は、聖められて不滅の状態になると、水晶のようになり、そこに住む者たちにとって一つの『ウリムとトンミム』になる」(同8〜9節)

整理するとこの「ウリムとトンミム」は
   
字が浮かび上がる形式か眼鏡の形式かは不明であるが解訳器である。
    これを聖見者・預言者という連中は古今を問わず所持していた。
   昇栄するとこれがもらえ、この石から神様の意思が伝えられる。
   この石の大きな物に天の王国はある。
   地球も将来この石のようになる。
   ということになります。
では、この「ウリムとトンミム」の実体は何なのでしょうか?
 

「ウリムとトンミム」の本当

「ウリムとトンミム」はモルモン教が言うような大げさなものではありません。
聖書辞典でちょっと引くだけでも分かります。
 
「ウリム Urim 通常,トンミムとともに用いられた.これらは2箇の 小物体であるが,詳細は不明である.祭司が神の意志を知るために用い た1種の「くじ」のようなものであった.祭司のまとう『さばきの胸当』に収められており(出28・30,申33・8),エポデとと もに祭司の職能のしるしとなった(レビ8・8.サム上14・41).ウリム とトンミムによる神託は,その性質上ただ『しかりか否か』を決すれば よい単純な問題の場合に多く用いられた.ダビデ時代以後は余り用いら れなくなり,預言者による直接的な神の言の伝達が盛んになってからは, その傾向は更にいちじるしくなった.捕囚後には,ウリムとトンミムを身 につけた祭司は1人もいなかった(エズ2・63,ネへ7・65).『律法』を 示すへプル語『トーラー』は,ウリム・トンミムを『投げる』(ヤーラー) という語に関係があるのでほないかともいわれる.」(聖書辞典:日本キリスト教団出版局)
「祭司とレビ人は,決断を必要とする重要な事柄(例えほ,戦いに行くのに 今は良い時であるかどうかなど)を決定するに当って,神の名において答え るという責任を持っていた。この目的のために,彼らはウリムとトンミムと 呼ばれる聖なる石を用いた。この石は,大祭司の衣服の胸にあるポケット にしまってあった。もし祭司が.ポケットからウリムの石をとり出したなら ば,『ノー』であり、それがトンミムの石であったならば『イエス』であっ た。」(カラー聖書百科辞典 「祭司とレビ人」の項:いのちのことば社)
というのが常識から見た、世間の見解なのです。

「ウリムとトンミム」は神意を知るための籤であったのです。そしてその籤を引く権威は祭司に帰属していたのです。
これはヤハゥエ信仰がまだまだ未成熟な時代の産物であって、その役目は「預言者(ナービー)」によって駆逐されて行くのです。彼らにはイエス・ノーといった。答えがあるだけでなく言葉による導きを持っていたのです。
預言者の言葉が「ウリムとトンミム」に変わっていくのはちょうどダビデの王国建設の時期にあたります。
そしてこの王国の発展と分裂衰退という歴史のなかで言葉は文章になって行くのです。
だから、捕囚後にはすでにその役目を終えており、身につけた祭司は1人もいなかったわけです。

どうゆう啓示を受ければ、籤を神様の住むところといえるんでしょうか?

 

参照サイト

「きまぐれな☆宿屋」内の「パロモル☆伝承」 天使の訪れ−大いなる試練−
 

モルモン教は信じるに足るか?に戻ります