ぜみなーるモルモン
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトルナショナルジオグラフィックで
記事No: 4998 [関連記事]
投稿日: 2017/09/10(Sun) 01:20:51
投稿者めい

ナショナルジオグラフィックで、ドラッグについての番組がありました。(ナショジオはドラッグ問題を取り上げるのが好きなようです)

その番組では、メキシコカルテと連携するロサンゼルスの麻薬密売人やウクライナで、「クロコダイル」という怪しい薬を製造する男などが登場していました。
そして所変わって、今度はユタ州。
「住民の60%がモルモン教徒のこの街は、古き良き伝統を残した街」とナレーション。

それによると、ユタ州では、処方薬の乱用が増加の一途で、薬物中毒による死は、交通事故犠牲者を上回る。」とのこと。

そこでは、オーバードースして救急車で運び込まれた患者が映し出されていた。
ユタ州では、モルモンの色が強く、タバコやアルコールに強い抵抗があり、タバコの延長のような、マリファナやコカイン乱用などは、他の州よりも少ないが、その分代用するかのように、処方薬乱用が蔓延しているそうです。

モルモン書も抑止力にはならないようです。


- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー